Record China

ヘッドライン:

今年の2月は29日まで! 西暦2020年と旧暦庚子年はいずれも「うるう年」

配信日時:2020年1月6日(月) 19時40分
拡大
天文学の専門家は、「西暦2020年はうるう年で、1年は366日、2月は29日ある。間もなく訪れる旧暦庚子年もうるう年で、『うるう4月』があり、1年は384日ある」と指摘した。
(1/7枚)

天文学の専門家は、「西暦2020年はうるう年で、1年は366日、2月は29日ある。間もなく訪れる旧暦庚子年もうるう年で、『うるう4月』があり、1年は384日ある」と指摘した。各メディアの報道を総合して人民網が報じた。

その他の写真

話には聞くけれどなかなか出会えない2月29日生まれの皆さん、おめでとう!4年に一度の誕生日がついにやってくる!

二つのうるう年が重なった特殊な年であることから、1年で「二度」誕生日を迎える人もいる。

でも、誕生日ごとに1歳年を取るなら、私は誕生日を祝わないことにする…

また、月給も1カ月分を多くもらえるのではないかと夢見る人もいる。理屈では確かにそうだが、そうなると仕事のほうも1カ月余分に働かなくてはならない。

さらには、「白昼夢」を見て現実逃避をする人もいる。

西暦うるう年?旧暦うるう年?何が違うのかさっぱり分からない。

天文学者の解説によると、西暦と旧暦には、それぞれ異なる歴史的な由来と暦法の法則がある。西暦では4年に1度うるう年が設けられている。4で割り切れる年がうるう年で、うるう年の2月は29日あり、それ以外の年は28日だ。

一方、中国の伝統的な旧暦では、月の満ち欠けによって日と月を確定する。1年の長さは二十四節気に基づいて決まり、二十四節気は1番目の冬至から24番目の大雪まである。

だが、12カ月の日数が1年の長さに足りないこともある。かといって1年を13カ月と決めると今度は長すぎてしまう。そのため、適宜、「うるう月」を挿入するというやり方で調節してきた。うるう月がある年を旧暦うるう年と呼び、旧暦で13の月がある。間もなく訪れる旧暦庚子年には、『うるう4月』がある。

間もなくやって来る子年は、非常に長いようにみえるが、祝日とそれに伴う連休の年間総日数は例年と大して違わず、2020年元旦が1日、春節(旧正月)が7日、清明節が3日、労働節(メーデー)が5日、端午節が3日、国慶節中秋節が8日となっている。

興味深いことに、2020年は月と日がぞろ目になった『土曜日』が5日もあり、4月4日、6月6日、8月8日、10月10日、12月12日がどれも土曜日に当たっている。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング