Record China

ヘッドライン:

ゴーン被告海外逃亡、反省する日本―中国紙

配信日時:2020年1月6日(月) 16時50分
拡大
6日、中国紙・光明日報は、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件が「日本に反省をさせている」とする記事を掲載した。資料写真。

2020年1月6日、中国紙・光明日報は、前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件が「日本に反省をさせている」とする記事を掲載した。

記事はまず、「ゴーン被告は2018年に逮捕されると、保釈金計15億円を納めた。日本メディアによると、東京地裁は19年3月と4月にそれぞれゴーン被告の保釈を認めたが、東京都内の指定された場所に居住、所持するパスポートはすべて弁護人が管理、制限住居の玄関には監視カメラを設置して録画などの厳しい保釈条件を付けた。だがゴーン被告は巨額の保釈金を納めたにもかかわらず逃走を選択し、弁護団および公判に向けて1年以上も準備してきた検察を驚き呆れさせた」とした。

そして、「真相が明らかになるのは、ゴーン被告がベイルートで8日に開くとしている記者会見になるのかもしれない。日本のあるメディアは、ゴーン被告の逃亡を『日本の司法システムに対する愚弄』と報じている。日本のある元検事は、この事件が『日本の司法制度を揺るがすことになるだろう』との見方を示している。また別のメディアは、再発を防止するため、GPS追跡装置を装着させるなど、現行の保釈制度の欠陥をどう補うか議論すべきだと指摘している」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<直言!日本と世界の未来>カリスマ経営者の“躓き”に驚く―立石信雄オムロン元会長

日産自動車でカリスマとして君臨したカルロス・ゴーン前会長が、長年不正を働いたとして逮捕された。ゴーン氏の倫理観や順法精神に問題があったのは否めないしても、トップの暴走を防ぐ歯止めを欠いた日産の内部統治体制にも落ち度があったと言わざるをえない。

立石信雄
2018年11月25日 5時30分
続きを読む

ランキング