Record China

ヘッドライン:

米メディア選出「世界の海兵隊5強」、中国は韓国より下―中国メディア

配信日時:2020年1月7日(火) 0時40分
拡大
4日、中国メディアの新浪軍事は、米メディアが選出した「世界の海兵隊5強」に中国はランクインしたが順位は韓国より下だったと報じた。

2020年1月4日、中国メディアの新浪軍事は、米メディアが選出した「世界の海兵隊5強」に中国はランクインしたが順位は韓国より下だったと報じた。

新浪軍事によると、米外交専門誌ナショナル・インタレスト(電子版)は2日、「世界最強の五つの海兵隊」と題する記事で、1~5位として、アメリカ海兵隊、ロシア海軍歩兵、イギリス海兵隊、大韓民国海兵隊、中国人民解放軍海軍陸戦隊を挙げた。

韓国の海兵隊については、「米国に訓練された大韓民国海兵隊の兵士数は2018年時点で2万9000人。主要任務は、緊急対応部隊および戦略予備として、朝鮮半島での陸軍作戦を支援することだ。韓国海兵隊は16年に3000人規模の緊急対応部隊『スパルタン3000』の設立を発表した。同部隊は、北朝鮮との紛争の場合、24時間以内に朝鮮半島のあらゆる場所に展開可能で、最も危険な任務を遂行する」などと紹介した。

中国の海兵隊については、「中国人民解放軍海軍陸戦隊の規模は、17年の再編前は1万人だったが、その後3万人まで増加している。伝統的な意味での海兵隊であり、海軍の艦船と基地で防御および作戦任務を遂行する。中国の最近のジブチでの拠点建設は、海兵隊の役割が拡大していることを示している。ロシアとの共同演習でその姿を公に見せている」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング