Record China

ヘッドライン:

中国のドラマ視聴率ランキングから常連の大型時代劇が姿消す、人気女優の脱税騒動が影響?

配信日時:2020年1月6日(月) 22時30分
拡大
中国のあるメディアリサーチ会社は、2019年に大手テレビ局で放送されたドラマの視聴率ランキングを公表。隆盛を誇った大型時代劇が一気に姿を消したのが注目点となっている。
(1/2枚)

中国のメディアリサーチ会社・央視索福瑞媒介研究公司(CSM)が、2019年に大手テレビ局で放送されたドラマの視聴率ランキングを公表。隆盛を誇った大型時代劇が一気に姿を消したのが注目点となっている。

その他の写真

中国のテレビドラマ界の19年は、ここ数年において国内外で人気を誇った大型投資によるゴージャスな時代劇が姿を消し、近現代を舞台にしたものが数多く登場。大手各局で1年間に放送されたのは計328作品にのぼるが、うち近現代ものが90%を占め、時代劇はわずか5%にとどまった。

CSMが発表した「ドラマ視聴率ランキング」では、ミリタリー素材の現代ドラマ「空降利刃」が1位に。2位は1920~40年代の酒楼を舞台にした「老酒館」、3位は教育問題にスポットを当てたホームドラマの「少年派」が登場。時代劇は8位に登場した日本でも好評放送中の「明蘭~才媛の春」(知否知否應是緑肥紅痩)の1作品のみとなった。

豪華な時代劇が急速に姿を消した裏には、18年に世界中を騒がせた女優ファン・ビンビン(范冰冰)の巨額脱税騒動が見え隠れする。この騒動によって中国当局は業界のクリーン化に着手し、追徴課税によって制作会社が相次いで倒産。さらに作品の内容への監視も厳しくなり、娯楽性の高いものやドロドロの宮廷抗争を描く時代劇を締め出す「限古令」や、長い話数を制限する「限集令」といった規制が次々に登場。隆盛を誇った大型時代劇を生み出す環境が、かなりの締め付けを受けていると報じられている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本放送の中国ドラマ「明蘭~才媛の春~」、タイトルが再び中国ネットで話題「確かに的を得ているけれど…」

これまでもたびたび話題になってきた中国ドラマの邦題だが、今月スタートする新ドラマ「明蘭~才媛の春~」について新たに、「確かに的を得ているけれど…」と中国版ツイッターではユーザーが困惑と驚きの声を寄せている。

Record China
2019年9月22日 20時30分
続きを読む

今度は「限童令」で子どもたちが姿消す…、子役や芸能人二世の人気リアリティー番組が放送不可能に

4日、子役および芸能人二世の子どもたちのテレビ出演を制限する「限童令」が正式に公表されたことで、芸能人の親子共演が人気のリアリティー番組「パパ、どこ行くの?」などがお蔵入りの危機にさらされることになった。写真は「パパ、どこ行くの?」より。

Record China
2019年4月5日 18時50分
続きを読む

ランキング