Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】武力行使は中東情勢の激化に油注ぐ

配信日時:2020年1月4日(土) 0時20分
拡大
 米国防省は現地時間2日夜、米軍が仕掛けた襲撃で、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官が死亡したことを発表した。これを受け、イランの最高指導者であるハメネイ氏は、「厳しく報復する」と誓いを立てた。米国とイランの関係悪化がエスカレートし、以前から複雑だった中東情勢がさらに揺...
(1/2枚)

 米国防省は現地時間2日夜、米軍が仕掛けた襲撃で、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官が死亡したことを発表した。これを受け、イランの最高指導者であるハメネイ氏は、「厳しく報復する」と誓いを立てた。米国とイランの関係悪化がエスカレートし、以前から複雑だった中東情勢がさらに揺れ動いていくと見られる。

その他の写真

 米国が今回の行動に踏み切ったのは、在イラク米大使館が襲撃を受けたことへのやり返しとイランへの威嚇だと見られる。しかし、やられたら必ずやり返すというのがイランの民族性で、イランは今後、「非対称戦」の形で報復に出る可能性がある。重要な海上エネルギー通路であるホルムズ海峡の安全にさえ影響を及ぼす恐れもある。また、ソレイマニ司令官の殺害により、イラン核問題の解決も無期限に先延ばしされるだろう。

 中東地域で長引く動乱が示したように、武力は終わりのない恨みと報復を招くだけで、問題解決にならないばかりか、情勢の激化に油を注ぐしかならない。米国の行動により、米国とイランの対立が顕在化した衝突に向かって極めて危険な一歩を歩みだしたことを意味する。各側、とりわけ米国側が冷静と自制を保って、国連憲章の主旨と原則、国際関係の基本的準則を確実に遵守してこそ、情勢のさらなるエスカレートが初めて回避され、中東地区の平和と安定が初めて保たれる。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】「ニューヨーク・タイムズ」、またもや小説の手法で新疆の雇用を報道している

 米国紙「ニューヨーク・タイムズ」が数日前に、中国新疆の地元政府がいわゆる「職業改造」により、ウイグル族など少数民族の住民に労働を強制したと報じた。このような指摘は基本的常識に欠けており、基本的事実を省みず、地元政府による通常の貧困扶助と雇用創出を意図的に歪曲している。 事実が十...

CRI online
2020年1月4日 0時10分
続きを読む

【CRI時評】香港は外国政客のコマではない

 先日、一部の外国政客が連名で香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官に書簡を送り、香港警察を誹謗中傷し、香港の自由と法制を攻撃し、香港事務を公然と干渉した。書簡の本当の目的は、行政区政府に圧力をかけ、香港を混乱させそして中国の発展を遅らせることにある。 書簡内容は嘘に...

CRI online
2020年1月2日 22時10分
続きを読む

米国メディア「CMG台長は中国関連報道を『小説並みに扱う』西側メディアがあると指摘」

 米報道機関のU.S.Commerce Newsは1月1日、「CMG台長、『記事を小説並みに扱う』西側メディアの中国関連報道があると指摘」と題する文章を掲載しました。文章は「中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の慎海雄台長は、1月1日に行った新年の祝賀メッセー...

CRI online
2020年1月2日 15時25分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング