Record China

ヘッドライン:

電気アイロン、それとも空母?奇妙な造形の人民日報新社屋をネットユーザーがやゆ―北京市

配信日時:2013年9月24日(火) 18時30分
拡大
21日、中国・北京市で現在建設中の人民日報社の新社屋の風変わりな造形が人々の注目を集めて話題になっている。写真は人民日報社の新社屋。
(1/2枚)

2013年9月21日、中国・北京市で現在建設中の人民日報社の新社屋の風変わりな造形が人々の注目を集めて話題になっている。22日付で中国広播網が伝えた。

その他の写真

ネットユーザーたちの間では、この新社屋を「電気アイロン」、「空母」、「尿瓶」など、豊かな想像力を働かせてからかうコメントが噴出した。しかし、記者自身は建物の企画設計図を見てから、ビルの形が帆船のマストに似ていることもあり、「順風満帆」に向かうという寓意が含まれているのではないかと考えている。

このビルの設計は、東南大学建築学院の教授で国家1級登録建築士の周[王奇](ジョウ・チー)氏が率いるチームが担当。ネットユーザーによるこうしたからかいのコメントに対して同氏は、「新社屋は2012年9月に最上部までの建築が終了して現在は壁面の外部装飾の工程を行っており、各階にガラスをはめ込んでいく予定だ」と記者に説明した。(翻訳・編集/碧海)

関連記事

上海最高のビル群、外観がキッチン用品そっくり!?名付けて「キッチン3点セット」―上海市

6日、中国一高いビル「上海センター」の構造部分がこのほど最上層部まで完成し、ネットユーザーたちの注目を集めている。しかし、その理由は632メートルという中国一の高さではなく、その外観にあるという。写真は左から上海ヒルズ、ジンマオタワー、上海センター。

Record China
2013年8月8日 1時8分
続きを読む

「頭頂部に毛沢東の像を」「風で傾きそう」中国の世界一838mビル、日本のネットで話題―日本メディア

24日、日本メディアの報道によると、中国・湖南省長沙市で先日着工した、「天空都市」と名付けられた世界一838mのビルには52億5000万元(約849億円)が投じられ、完成すればブルジュ・ハリファを超え、世界一高いビルになる。資料写真。

Record China
2013年7月25日 14時30分
続きを読む

ランキング