Record China

ヘッドライン:

世界最強の辛口サイトが選ぶ「優秀な映画2019」、「帰れない二人」「カメ止め」がトップ10入り

配信日時:2020年1月3日(金) 18時50分
拡大
辛口の映画批評で知られる米映画レビューサイト「ロッテントマト」による「優秀な映画2019」ランキングで、中国の鬼才ジャ・ジャンクー監督の「帰れない二人」がトップ10入りを果たした。
(1/4枚)

辛口の映画批評で知られる米映画レビューサイトの「ロッテントマト」(Rotten tomatoes)による「優秀な映画2019」ランキングで、中国の鬼才ジャ・ジャンクー(賈樟柯)監督の「帰れない二人」(中国語タイトル:江湖兒女)がトップ10入りを果たした。

その他の写真

「ロッテントマト」は映画評論家がレビューを寄せ、世界で最も辛口な映画評論で知られる人気サイト。なお、「ロッテントマト」とは「腐ったトマト」の意味で、同サイトでは肯定的な評価を受けた作品が“フレッシュなトマト”のマークをつけられ、評論家や一般観客による高評価を競う仕組みとなっている。

このほど発表された「2019年の優秀な映画」ランキングでは、第一次世界大戦の記録フィルムを修復したドキュメンタリー映画で、ピーター・ジャクソン監督の「彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド」が1位に。クライム映画の「Midnight Family」が2位に、3位には日本映画「カメラを止めるな!」が選ばれた。

9位には中華圏から唯一、国際派監督ジャ・ジャンクーの「帰れない二人」が登場している。国際派のジャ・ジャンクー監督がメガホンを取り、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されたこの作品は、監督の前作である「山河ノスタルジア」と同じく、1人の女性が3つの時代を生きる姿を描き、ヤクザの世界を背景にして急速に変わる中国社会と、その渦の中で出会いと別れを繰り返す男女の約20年を追っている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「カメラを止めるな!」中国で配信開始、劇場公開計画は取り消しか=中国ネット「早く見たい!」「映画館で見てこその作品」

25日、製作費300万円の極端な低予算ながら興行収入30億円を突破した日本のゾンビ映画「カメラを止めるな!」が、中国最大規模の配信サイト「愛奇芸」で26日から配信されるとして、中国版ツイッターのウェイボーで注目を集めている。資料写真。

Record China
2019年2月26日 13時10分
続きを読む

日本人は複雑?ハリウッド映画がチャイナマネーで変わる、中国要素を強化

ハリウッド映画「ミッドウェー」について、中国の映画プロデューサーの于冬氏が「東京を爆撃して中国沿海に不時着した搭乗員を中国の一般市民が助けるシーンがある。中国側の参与により強化された要素だ」と述べ、チャイナマネーによる影響について語っている。

Record China
2019年11月17日 21時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング