Record China

ヘッドライン:

中国初の国産空母と米空母、南シナ海で「対峙」か―中国メディア

配信日時:2020年1月2日(木) 22時10分
拡大
1日、中国メディアの環球網は、「中国の空母『山東』と米空母が南シナ海で『対峙』か」とする記事を掲載した。

2020年1月1日、中国メディアの環球網は、「中国の空母『山東』と米空母が南シナ海で『対峙』か」とする記事を掲載した。

記事はまず、「台湾メディアがこのほど、SNSで拡散している衛星写真を引用し、2019年のクリスマスの日に、就役間もない中国海軍の空母『山東』を中心とする艦隊が、北上して台湾海峡に向かう途中の南シナ海で、米海軍の空母『エイブラハム・リンカーン』を中心とする艦隊と遭遇したと伝えている」とした。

そして、「衛星写真によると、『山東』を中心とする艦隊は、『エイブラハム・リンカーン』に向かって、戦艦3隻が逆三角形を形成し、その中心に位置する『山東』を護衛している。台湾メディアによると、『エイブラハム・リンカーン』は、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦『チャンセラーズビル(CG-62)』に護衛されていた。周辺海域にはほかに、インド洋に向かうとみられる中国海軍の駆逐艦『銀川』、フリゲート艦『運城』、補給艦『微山湖』で構成される第34次護航編隊がいた。写真は中国の衛星「高分3号」が撮影したものとみられる」と伝えた。

両空母の最近の動向については、「中国海軍初の国産空母は2019年12月17日、(海南省)三亜市の某軍港で就役し『山東』と命名された。同26日には、護衛の艦艇を随伴し、台湾海峡を南側から北側に通過したと報じられた」「米国海軍協会(USNI)によると、『エイブラハム・リンカーン』を中心とする艦隊は、中東地域での配備を終えて、2019年12月23日ごろにマラッカ海峡を経由して南シナ海に入り、同30日にはフィリピン東方沖に達している」と伝えた。

その上で、「中国と米国の空母が南シナ海で遭遇したとする情報に関しては、これ以上の詳細はなく、また両国当局の裏付けも得られていない」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の軍艦が日本の護衛艦に無線で「おはよう」メッセージ、専門家の見方は?―香港紙

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは5日、中国海軍の駆逐艦が先月、海上自衛隊の護衛艦に対し、無線で「おはよう。お会いできてうれしいです」という内容のメッセージを送ったと報じられたことについて、専門家の見解を伝えた。写真は中国海軍。

Record China
2018年11月6日 11時40分
続きを読む

ランキング