Record China

ヘッドライン:

ネット中傷が深刻な韓国、ある対策で「楽になった」の声も

配信日時:2020年5月25日(月) 18時40分
拡大
25日、フジテレビ系の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが23日に22歳で亡くなったことが韓国でも大きく報じられている。写真は韓国のスマホ売り場。

2020年5月25日、フジテレビ系の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが23日に22歳で亡くなったことが韓国でも大きく報じられている。

木村さんは生前、番組での言動に対するネット上での誹謗中傷に悩んでいたとされている。木村さんの訃報に韓国のネットユーザーからは「顔が見えないことをいいことに、ネット上で平気で人を傷つける人がいる。そういう人たちのせいで世の中はもっと混乱してしまう。対策が必要だ」「SNSは人生の無駄。感情の無駄。SNSをやめれば誹謗中傷に苦しむこともなくなる」「私もネット上でつい悪口を書いてしまう癖がある。反省しよう」「悪質なコメントを書く人は自分の人生に満足していない人だと思う。だから他人の人生まで壊そうとする」「韓国の方が日本よりはるかにひどい。すぐに実名制を導入するべきだ」などの声が上がっている。

韓国では昨年、ネット上での誹謗中傷に苦しんでいた女性アイドルグループ・f(x)の元メンバーであるソルリさんとKARAの元メンバーであるク・ハラさんが亡くなったことが大きな波紋を呼んだ。これをきっかけに、国内最大のポータルサイト「NAVER」は今年3月から芸能記事のコメント欄を閉鎖している。一部では「コミュニケーションの場がなくなった」と残念がる声も上がっているが、ある有名コメディアンは「確実にニュースを見るのが楽になった。もっと早く閉鎖していれば何人かの命を救うことができただろう」とコメントしている。

また、過去には「インターネット実名制」を導入したこともある。ただ、導入直後から表現の自由や個人の人権の侵害、国民の政治参与の制限などさまざまな問題が指摘された。その後、憲法裁判所が「個人の表現の自由を侵害するだけでなく、公益的効果も微々たるもの」として違憲決定を下し、廃止されたという。(編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング