Record China

ヘッドライン:

中東への自衛隊派遣で日本は米国とイランの対立を緩和できるか―中国メディア

配信日時:2020年1月3日(金) 13時30分
拡大
1日、新京報は、日本が中東へ自衛隊を派遣することで、米国とイランの対立を緩和できるかについて分析する記事を掲載した。写真はテヘラン。

2020年1月1日、新京報は、日本が中東へ自衛隊を派遣することで、米国とイランの対立を緩和できるかについて分析する記事を掲載した。

記事は、河野太郎防衛相が12月29日にオマーンを訪問し、日本政府が閣議決定した中東での航行を守るために自衛隊を派遣することについて説明し理解を求めたと紹介。「安倍政権の外交成果に限りがある中で、中東への自衛隊派遣は安倍首相の外交面での影響力を高め、外交成果を求める新たなルートとなった」と分析した。

その上で記事は、「平和憲法の縛りがある日本は、自衛隊の海外派遣を容易に行うことはできない」と指摘。そのため、今回の派遣も「調査研究」目的としており、派遣規模も約260人で1年間限りだと伝えた。そして「米国とイランの関係が緊張しており、中東海域での航行の安全が脅かされている中で、国際社会の一員として日本が中東地区の平和と安定に参与することは評価に値する」と論じた。

しかし、日本による自衛隊派遣は、「意義より形式的意味合いが大きい」と記事は分析。「調査研究」が目的であるため、自衛隊が攻撃を受けた場合にのみ反撃でき、石油輸送船などが攻撃を受けた場合、自衛隊は武力攻撃できず、他国の支援を求める必要があると指摘した。また、日本は米国と親密な同盟関係にあり「親米」のイメージが強いため、自衛隊が攻撃の対象となる可能性が高く、「航行の安全の保障」という意味では疑問の余地があるとしている。

このように、日本による中東への自衛隊派遣は日本の米国寄りの立場を明らかにするものとなっているが、一方で「日本はイランと長年にわたって友好関係を保ってきた」と紹介。昨年は日本とイランの国交樹立90周年を迎えたが、「その間にイスラム革命やイラン・イラク戦争があったものの、日本は友好関係を保ってきた」と伝えた。

昨年7月には、米国とイランとの関係が悪化する中で米国が有志連合への参加を日本に呼び掛けたものの、「イランとの関係を壊したくなかった日本は断った」と記事は分析。今回、調査研究の名目で中東へ自衛隊を派遣することは、「イランとの関係を壊すことなく、米国のメンツを立てる方法」だと論じた。

しかし記事は、「結局のところ日本は、かなりの程度米国の有志連合に間接的に参加することになり、これは日本の外交が中東問題においては基本的には米国に追随し、完全に独立した外交決定ではないことを示している」と分析。「そもそも、中東海域で安全問題が起きたのは米国とイランの関係が緊張していることに端を発している」とし、「米国とイランの双方と良い関係を保っている日本は、より一層の外交努力を払うことで、緊張を緩和させ平和的な対話の雰囲気をつくり出すべき」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国・王岐山副主席の中東歴訪が示す「意味深な3つのシグナル」とは―中国メディアが分析記事掲載

中国の王岐山国家副主席がイスラエル、パレスチナ、エジプト、アラブ首長国連邦の中東4カ国(地域)を歴訪中だ。中国メディアの新浪網は「王岐山が行った国。伝わる意味深長な3つのシグナル」と題する記事を掲載した。資料写真。

Record China
2018年10月25日 9時20分
続きを読む

ランキング