Record China

ヘッドライン:

寧夏初の高速鉄道が開通・営業開始―中国

配信日時:2019年12月31日(火) 16時0分
拡大
12月29日午前10時、発車を知らせるベルが高らかに鳴り響き、高速鉄道列車C8201号が、銀川駅の1番プラットフォームから中衛に向けて発車した。
(1/3枚)

12月29日午前10時、発車を知らせるベルが高らかに鳴り響き、高速鉄道列車C8201号が、銀川駅の1番プラットフォームから中衛に向けて発車した。銀川と中衛を結ぶ銀中高速鉄道が開通し、営業を開始したことは、寧夏回族自治区に「高速鉄道時代」が到来したことを示している。人民日報が伝えた。

その他の写真

銀中高速鉄道は、国家中長期鉄道網計画における「八縦八横」高速鉄道ネットワーク京包銀蘭(北京-内モンゴル・包頭-寧夏・銀川-甘粛・蘭州)ルートの重要な構成要素である。全長207キロメートル、設計時速250キロメートルで、全線には、銀川・河東機場(空港)・霊武北・呉忠・紅寺堡北・中寧東・中衛南の7駅が設けられている。

中国鉄路蘭州局集団有限公司旅客輸送部の担当者によると、銀中高速鉄道は、現在のところ、長・短距離都市間鉄道として1日10往復運行している。銀川から中衛まで、従来の普通快速列車では約3時間かかったが、高速鉄道列車ではわずか1時間27分で到着できる。銀中高速鉄道の開通によって、寧夏の黄河沿線経済ベルトに位置する銀川、呉忠、中衛が「1時間経済圏」内に入ることになり、「一帯一路」において寧夏が地域優位性を備え、「国内とつながり海外と通じる」、「国境に通じ海に達する」ゴールデンルートを構築する上で役立つだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

列車が超満員で乗車券持っているのに乗れない人続出、鉄道関係者「キセル乗車のため」と釈明―中国

中国では1日から4日までの連休中、乗車券を持っているのに列車に乗れない事態が発生した。鉄道関係者は「キセル乗車」をした人がいたために、途中駅で乗れない人が発生したと釈明した。写真は問題が発生した淄博駅の監視カメラ映像。

Record China
2019年5月6日 19時30分
続きを読む

ランキング