薄熙来のVIP待遇:北京飯店のシェフ、テレビも見られる―中国

配信日時:2013年9月22日(日) 13時22分
薄熙来のVIP待遇:北京飯店のシェフ、テレビも見られる―中国
画像ID  396909
21日、香港紙・明報は記事「薄熙来のVIP待遇:北京飯店のシェフ、テレビも見られる」を掲載した。22日に一審判決が下される薄熙来被告。懲役刑を受けた後、政治犯向けのVIP刑務所に収容されるとみられる。写真は薄熙来。
2013年9月21日、香港紙・明報は記事「薄熙来のVIP待遇:北京飯店のシェフ、テレビも見られる」を掲載した。

その他の写真

失脚した元重慶市委書記の薄熙来(ボー・シーライ)被告だが、22日に一審判決が下される。裁判では無罪を訴えた薄被告だが、有罪判決は決定的で懲役刑が科される見通しだ。その場合、次の住みかとなるのは政治犯の収容で知られる秦城監獄だろう。

多くの政治犯を受け入れてきた秦城監獄だが、元官僚の刑務所暮らしは一般の囚人とは違い、ゴージャスだという。午後2時から夜9時まではテレビを見ることが許可されるほか、週に6回も散歩がある。また囚人服を着る義務もなく、差し入れされた衣服を着られる。

さらに食事も一般の囚人とは異なり豪華なもの。昼夜の食事はおかず2品とスープが基本。デザートにフルーツもつく。時には北京ホテルのシェフが調理を担当することまであるという。

ヒューマンライツウォッチのNicholas Bequelin調査員は「薄熙来の待遇は、他の太子党が失脚した後のモデルとなるでしょう」とコメント。中国共産党高官が自分の将来に保険をかけるためにも、薄熙来被告に一定以上の待遇を用意するとの見方を示している。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事