Record China

ヘッドライン:

ドイツ人が考える「世界平和を脅かす人物」1位に、韓国ネット共感

配信日時:2020年1月6日(月) 10時30分
拡大
26日、韓国・JTBCは、ドイツで行われた「世界平和を脅かす指導者」に関するアンケートの結果について報じた。

2019年12月26日、韓国・JTBCは、ドイツで行われた「世界平和を脅かす指導者」に関するアンケートの結果について報じた。

記事によると、ドイツの世論調査機関YouGovがドイツ人2000人を対象に「どの国の指導者が世界で最も平和を脅かしているか」と質問した結果、回答者の41%が米国のドナルド・トランプ大統領の名を挙げた。北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が17%で2位、ロシアのプーチン大統領が8%だったという。

この結果について、韓国のネット上では「正確な指摘。トランプ大統領が米国を駄目にした」「トランプ大統領は世界中で『米軍駐屯』を名目に金を脅し取っているからな」「トランプ大統領は脅迫を戦略だと正当化してる!」などと同調する声が相次いでいる。

その他、「トランプ大統領、金委員長、安倍首相がトップを退けば世界はひとつになることだろう」「正確な指摘ではあるけど、なぜ中国の習近平(シー・ジンピン)主席は候補に入れない?」などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング