Record China

ヘッドライン:

時速350キロの自動運転高速鉄道が開通―中国

配信日時:2019年12月30日(月) 16時40分
拡大
30日、中国で時速350キロの自動運転高速鉄道となる京張高速鉄道が開通した。

2019年12月30日、中国中央テレビ(CCTV)のニュース番組「新聞聯播」は、時速350キロの自動運転高速鉄道となる京張高速鉄道が開通したと伝えた。

30日に開通したのは、北京市と河北省張家口市とを結ぶ京張高速鉄道。鉄道部門によると、張家口から北京までの所要時間は最速でこれまでの3時間7分から47分に短縮される。

京張高速鉄道は全長174キロで、最高設計時速は350キロ、10駅間を運行する。支線の崇礼鉄路は北京冬季五輪の競技関連施設がある太子城までで、この区間距離は53キロ、時速250キロで走行するという。

京張高速鉄道のスマート型復興号は、世界初の時速350キロでの自動運転を実現したという。運行、サービス、維持管理などがスマート化されている。

これまでの車両との具体的な違いは、車両のデザインがこれまで以上に流線型となり空気抵抗が7%減少したこと。京張高速鉄道ではスタンダード車両と五輪車両の2種類あり、スタンダード車両では、運転手がボタンを一つ押すだけで、自動発車、区間自動運転、駅での自動停車、自動でのドア開閉、ドアとホームとの連動を実現するという。

このスマート車両には、数千個のセンサーが取り付けられており、「医者を連れているのと同じように、随時セルフチェックすることで安全を確保している」という。電力供給システムも、初めてロボットによる巡回検査を採用しており、「人手による検査の限界を打破した」としている。

このほか、五輪版スマート車両には多くの五輪要素を見ることができる。車内には専用のスキー用品置き場が備えられており、QRコードを読み取るだけでスキー用具の預け・取り出しができるようになっている。また、正式運行後は移動ニュースセンターを設置し、記者が五輪ニュースを報道しやすくするほか、旅客も列車内で五輪の生放送を見ることができるようになる。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング