Record China

ヘッドライン:

韓国、前法相の逮捕状棄却も文政権の危機は続く?

配信日時:2019年12月27日(金) 14時10分
拡大
27日、韓国・デイリーアンは「チョ・グク前法相に対する検察の逮捕状の請求が棄却されたが、文在寅政権を揺るがす疑惑は進行形だ」と伝えた。写真はチョ前法相。

2019年12月27日、韓国・デイリーアンは「チョ・グク前法相に対する検察の逮捕状の請求が棄却されたが、文在寅(ムン・ジェイン)政権を揺るがす疑惑は進行形だ」と伝えた。

記事によると、韓国の裁判所は同日、「逃亡の恐れがなく、身柄拘束の必要性と相当性が認められない」としてチョ・グク前法相に対する検察の逮捕状請求を棄却した。

チョ前法相は現在、大統領府で民情首席秘書官を務めていた2017年に釜山市前副市長をめぐる賄賂事件の監査を不当に打ち切った職権乱用の疑いが持たれている。

ただ、記事は「身柄拘束の危機は免れたが、チョ前法相をはじめとする与党議員らは今後、法廷で検察と命運をかけた戦いを繰り広げることになる」と伝えている。検察は今後、釜山市前副市長の疑惑を究明するため、不正の請託に関わったとされる与党議員に対し捜査を拡大させるものとみられている。裁判所もチョ前法相の逮捕状請求を棄却しつつ「罪質は良くない」と指摘したという。

記事は今回の騒動を「事実上、文政権の命運がかかった事案だ」とし、「検察の捜査の過程が法律上の争いではなく政治的闘争の対象になっているのもそのため」と指摘。また「与党議員らが支持者たちを奮い立たせて共に叫んでいる『チョ・グクを死守せよ』のスローガンは、『政権を死守せよ』と同じ意味を持つ」と伝えている。

ソウルでは今週末から至るところで、チョ前法相に対する身柄拘束と徹底した捜査を求めるデモと、チョ前法相を守るためのデモが同時に開かれる予定だという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「罪質が良くないのになぜ棄却?裁判所が文政権をかばっている」「韓国は前政権から何も変わっていない。結局は独裁政権だ。一日も早く文大統領を弾劾すべき」「逮捕状の棄却は文政権の終末を早める起爆剤になるだろう」「こんな調子なら共に民主党(与党)が没落するのも時間の問題だな」など文政権への批判的な声が多く寄せられている。

一方で「チョ前法相を支持する」「初めから罪がないから身柄拘束できないんだよ」などと擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング