Record China

ヘッドライン:

2020年の最も見たい映画、妻夫木聡ら豪華キャストの「僕はチャイナタウンの名探偵3」がトップ―中国

配信日時:2019年12月27日(金) 11時10分
拡大
来月の春節期間には話題の映画が一斉に封切りを迎えるが、2020年の「最も見たい映画」に妻夫木聡や長澤まさみら日本人キャストが出演する「唐人街探案3」(僕はチャイナタウンの名探偵3)が選ばれた。
(1/6枚)

来月の春節(旧暦正月)期間には話題の映画が一斉に封切りを迎えるが、2020年の「最も見たい映画」に妻夫木聡や長澤まさみら日本人キャストが出演する「唐人街探案3」(僕はチャイナタウンの名探偵3)が選ばれた。

その他の写真

SNSアプリの微信(ウィーチャット)の公式アカウントで、豊富な映画情報を発信している「一起拍電影」が公開し、ニュースサイトの騰訊網が報じた。2020年の公開が決定している中国映画のうち、ネット上での話題性などから観客が期待する「最も見たい映画」に、人気コメディーシリーズの第3弾となる「唐人街探案3」の名前が真っ先に上がっている。

「唐人街探案3」には前作に続いて、妻夫木聡が探偵役で出演。さらに長澤まさみや浅野忠信、三浦友和、鈴木保奈美、染谷将太といった豪華な日本人キャストが並ぶほか、タイのアクションスターのトニー・ジャーも出演。1作目ではタイ、2作目は米ニューヨークが舞台だったが、今回は東京でストーリーが展開する。

1月25日に春節を迎える中国だが、この日には「唐人街探案3」を含めて話題作が一斉に封切られる。「最も見たい映画」でも、国際派女優コン・リー(鞏俐)が中国女子代表チーム監督で、かつては強烈なスパイクにより「鉄のハンマー」と恐れられた名選手の郎平(ラン・ピン)を演じる「中国女排」(中国女子バレー)や、「封神演義」でもよく知られる軍師・姜子牙が主人公のアニメ映画「姜子牙」、ジャッキー・チェン(成龍)主演の最新作「急先鋒」(Vanguard)といった注目度の高い作品が上位に選ばれている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング