日中韓サミットで提起された「日中韓プラスX」協力とは?―中国メディア

人民網日本語版    2019年12月27日(金) 15時30分

拡大

日中韓協力未来十年の展望は、日中韓プラスXの協力を推進し、計画を制定し、共同行動を取り、他国との協力を開拓し、地域の発展格差を縮小し、共同発展を実現することを打ち出した。写真は地震発生時の大阪。

第8回日中韓サミットが24日に四川省成都市で開催された。サミットで可決された「日中韓協力未来十年の展望」は、「日中韓プラスX」の協力を推進し、共同で計画を制定し、共同行動を取り、他国との協力を開拓し、地域の発展格差を縮小し、共同発展を実現することを打ち出した。新華社が伝えた。

「日中韓プラスX」のコンセプトは中国が2018年5月の第7回日中韓サミットで最初に提起したもので、日韓の積極的な支持を得た。3カ国は「日中韓プラスX」協力を展開し、この地域の持続可能な発展を牽引することで一致した。

中国の李克強(リー・カーチアン)首相は18年のサミットで、「アジアは国の数が非常に多く、発展水準の開きは大きい。日中韓の発展はアジアの先頭を走っており、3カ国の優位性を結集し、『日中韓プラスX』モデルを通じて、生産能力協力、貧困削減、災害管理、省エネ・環境保護などの分野で共同プロジェクトを実施し、3カ国の設備、技術、資金、プロジェクト建設などでの各自の強みを発揮し、4つ目の市場、さらにはより多くの市場を共同で開拓し、この地域の各国がより良いより急速な発展を実現するよう牽引・促進する」と述べた。

今年8月に発表された「『日中韓プラスX』協力コンセプト文書」によると、この協力の狙いは3カ国の共通認識を結集し、協力の水準を引き上げること、相互補完の強みを発揮し、地域内・地域外における共同の持続可能な発展を推進することにある。

同文書は、3カ国が自主的、平等、開放、ウィンウィン、透明、持続可能の原則を堅持し、持続可能な経済、生態環境の保護、減災、衛生、貧困削減、人的・文化的交流、その他の7つの重点協力分野で協力を展開することを打ち出した。

今回の日中韓サミットは「日中韓プラスX」の早期成果獲得プロジェクトのリストを可決した。リストには日中韓とモンゴル、ミャンマー、カンボジア、フィリピン、インドネシア及びASEAN諸国とによる、砂塵嵐対策、疾病の予防・コントロール、低炭素都市、減災などの分野での6件の協力プロジェクトの提案が並んでいる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携