徴用工問題、韓国首相が安倍首相の考えを「自己否定」と一蹴

Record China    2019年12月26日(木) 16時10分

拡大

26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の李洛淵首相が徴用工問題に対する安倍晋三首相の考えを一蹴した。写真は李首相(韓国国務総理秘書室Facebookアカウントより)。

2019年12月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が徴用工問題に対する安倍晋三首相の考えを一蹴した。

記事によると、知日派として知られる李首相は26日に行われたインタビューで、24日に中国・成都で行われた日韓首脳会談について「満足はできないが、予想範囲内の結果」とし、「両首脳が久しぶりに会い、考えを共有したことだけでも意味がある」との考えを示した。

また、日韓の交渉がこう着状態から抜け出せない原因の1つとして「建て前を重視する日本特有の政治文化」を挙げ、「日本は事実上連動している輸出規制とGSOMIAの問題を別ものだと言い張っている」と指摘。また「安倍首相が『韓国内で徴用工問題を解決せよ』と言うのも“建て前重視”と関連している」とし、「徴用工問題はこれまで外交当局間で交渉してきたのに、それを無視し韓国内で解決せよというのは自己否定だ」と述べたという。

安倍首相は24日、日韓首脳会談後の記者会見で「徴用工問題の解決策を韓国側が提示するべき」との考えを示していた。

李首相の発言に対し、韓国のネットユーザーからは「その通り」「加害者が被害者に『自力で解決せよ』というのはおかしい」「歴史的に見て日本はうそをよくつくし、信用できない国だ」などと賛同する声が上がっている。李首相については「品格のある首相、政治家だ」「次の大統領には李首相を推薦する」と称賛する声も。

その他「徴用工問題解決のためには日本の心からの謝罪が必要」「安倍首相がそういう態度を取り続けるなら韓国国民はこれからも日本製品不買運動を続ける」などの声も見られた。

(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携