Record China

ヘッドライン:

年末に長蛇の列、「夢を買う」日本人―中国メディア

配信日時:2019年12月27日(金) 11時30分
拡大
25日、中国紙・環球時報(電子版)は、「年末に長蛇の列、『夢を買う』日本人」とする記事を掲載した。

2019年12月25日、中国紙・環球時報(電子版)は、「年末に長蛇の列、『夢を買う』日本人」とする記事を掲載した。

記事はまず、「日本は宝くじ産業が発達している国であり、種類も普通くじのほか、スクラッチや数字選択式など多様だ。購入するのもとても便利で、銀行や地下鉄駅、商店街などに売り場が設けられている。近年はインターネットでも購入できる。毎年9月2日は『宝くじの日』で、1967年に制定されてから現在まで続いている」と紹介した。

そして、「多種多様な日本の宝くじの中でも、最も知名度が高く人気なのが『年末ジャンボ』だ」とし、1等・前後賞合わせて10億円の夢を求めて発売期間には各地の売り場に長蛇の列ができ、日本の年末の恒例イベントになっていると伝えた。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)にも、年末ジャンボを求める人たちが長蛇の列をつくっている様子を紹介する動画が投稿されており、コメント欄には「外国人も旅行中に買える?」「当選金はどうやって受け取るの?」「高額当選したら国に持ち帰れないよね?」などの声が寄せられていた。

また、「妻夫木聡が出てたロト7のCMシリーズは本当に最高だった」「日本人は行列好きだね」「労せずして利益を得たいと思うのは万国共通」などの声も上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

「思いやりの日本」「傍若無人の韓国」=人気店に行列する客、日韓で大違いと韓国紙

朝鮮日報は人気飲食店などの前にできる行列をめぐり、「思いやりの日本」に対し、「傍若無人の韓国」は大違いと報じた。同紙は背景として、識者による「韓国は『他人よりまず自分』という認識が強い」との見方を紹介した。資料写真。

Record China
2019年1月19日 18時20分
続きを読む

ランキング