Record China

ヘッドライン:

まだ間に合う!台北のユニークなクリスマスオブジェ&イルミネーション

配信日時:2019年12月27日(金) 13時10分
拡大
先週に引き続き今週も台北の華やかなイルミネーションをご紹介。これから年内に台北旅行を計画している人も楽しめる「まだ間に合う」年末ぎりぎりまで開催されるイルミネーションを紹介しよう。
(1/7枚)

クリスマス本番の今日、台北の街では様々な場所でイベントが開催され、明るい雰囲気に包まれている。日本と同じようにこちらのクリスマスは若者や子供が中心で商業的な催し物が多く、都会になればなるほどにぎやかに活気付いている。

その他の写真

先週に引き続き今週も台北の華やかなイルミネーションをご紹介。これから年内に台北旅行を計画している人も楽しめる「まだ間に合う」年末ぎりぎりまで開催されるイルミネーションを紹介しよう。

忠孝復興駅や忠孝敦化駅の周辺エリアは「東区」と呼ばれ、遠東SOGOを中心に台北屈指のショッピングエリアとして知られている。先週紹介した「信義区」と比べると、「信義区」がセレブ&大人の街、東区は信義区よりも若干ファミリー層や若者にも人気のスポットと言える。

数々の商業施設が建ち並ぶ東区だが、昨今の景気低迷により閉店を余儀なくされる店やレストランが増え始め、一部がシャッター商店街と化しているのも事実だ。老舗レストランの閉店を筆頭に不景気を象徴させるショッピングエリアとしてニュースで取り上られることが多くなってしまった。

より多くの集客率を狙っているのか、今年の東区の冬はインパクトたっぷりのイルミネーションで人々に注目されている。また、SNS映えを狙ったオブジェなど、ユニークでかわいらしいイルミネーションが多いのも特徴だ。

東区商圏の広場には全長9メートルの巨大なオブジェが。夜市をはじめ、中正紀念堂や101、小籠包やタピオカミルクティーなど、様々な台北名物が塔に映し出され光と音で見る人を楽しませてくれる。(マクドナルド向かい、1月1日まで設置)東区商圏の斜め向かいにある龍門広場ではユニークな光のイベントが繰り広げられている。

トンネルの左向こうに見えるなにやら怪しげな巨大な顔面の正体は…なんとこちらはアメリカの俳優「ドウェイン・ジョンソン」をモチーフにしたオブジェ、中国語での表記方法が「巨石強森」(日本人から見るとビックリな表記方法だが、中国語の英語の名前は漢字の発音を当て字にして作られる)のため、巨大な石と彼の顔をコラボさせたというなんともユニークな発想のオブジェなのだ。(1月1日まで設置)

このエリアは焼肉やしゃぶしゃぶ店が多いため、なぜかこのようなユニークな飾り付けが見られる。夜はライトアップが楽しめる。インパクト大のイルミネーションは年明け1月1日まで楽しめる。SNS映えにぴったりなのでぜひ訪れてみてはいかが?(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「台北のユニークなクリスマスオブジェ&イルミ」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング