安倍首相「日中韓は魏呉蜀ではない」、中国ネットユーザーから高評価

Record China    2019年12月25日(水) 14時20分

拡大

24日、環球網は、安倍晋三首相が成都で開かれた日中韓工商サミットにて「日中韓による新たな『三国時代』を共に築くことを望む」と語ったことを報じた。

2019年12月24日、環球網は、安倍晋三首相が成都で開かれた日中韓工商サミットにて「日中韓による新たな『三国時代』を共に築くことを望む」と語ったことを報じた。

安倍首相は24日午前に同サミットに出席した際、スピーチの中で日中韓3カ国の関係について言及し、成都が「三国演義」における蜀の都だったことにちなみ「3カ国は三国時代の魏・呉・蜀のような互いに争う関係ではない。共に手を携えて『新たな三国時代』を築くことを望む」と語った。

また、3カ国の協力が特に必要な分野として安倍首相は少子高齢化問題と環境問題を挙げた。経済関係については自由で公正な貿易をさらに力強く推進させ、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の早期妥結を目指す姿勢を示した。

日本でも人気の高い「三国演義」を絡めた安倍首相の発言について、中国のネットユーザーからは「日本や韓国、特に日本は中国について深く研究をしている。一方で中国はどうか。もっと他国の長所を学ぶべきではないか」「日本にとってみれば、安倍氏は良いリーダーなんだろうな。国益のために他人にこびへつらうことをいとわない。でも、そこには固い芯が一本通っている」「日中韓はご近所さん。平和が何よりも重要だ。安倍氏は賢明だ」といった積極的な評価が寄せられ、多くの共感が集まった。

また、「日本人の三国志好きが、安倍首相の一言からも見て取れた」「安倍さんも三国志好きなんだな」との声もあった。一方で「日本と韓国は永遠に警戒しなければいけない相手」といったコメントを残すユーザーもいた。

25日午前現在、安倍首相の発言は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでトップ10に入っている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携