韓国政府が「日本の欠礼」に遺憾表明=ネットでも批判の声

Record China    2019年12月27日(金) 7時30分

拡大

26日、韓国・イーデイリーによると、韓国外交部が24日の日韓首脳会談中に起きた「外交的欠礼」について日本側に遺憾の意を伝えた。写真は日中韓サミットが開かれた中国の様子。

2019年12月26日、韓国・イーデイリーによると、韓国外交部が24日の日韓首脳会談中に起きた「外交的欠礼」について日本側に遺憾の意を伝えた。

記事によると、同部関係者は同日、「外交チャンネルを通じて日本側に遺憾の意を表明した」と明らかにした。これに対し日本側は「意図的、計画的にしたものではない」と説明した上で「新たに釈明すべき部分があれば把握して知らせる」との考えを示したという。

韓国では24日に中国・成都で行われた日韓首脳会談をめぐり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の冒頭発言の途中に日本側関係者が韓国の記者団に退出を要求したことが「外交的欠礼」だと物議を醸していた。記事は「相手国の首脳の発言を途中で遮ることは非常に異例のことで、これにより文大統領は発言を中断せざるを得なかった」と説明している。

これを受け、韓国のネットユーザーからは日本側に対し「非常識過ぎる行動だ。わざとしたとしか思えない」「謝罪の言葉は?意図的でなくても失礼なことをしたら謝るべき」「世界から批判を受けてもおかしくないレベルだよ。温和な文大統領に感謝すべき」などの声が上がっている。

一方、韓国政府に対しても「遺憾の表明だけはいつも迅速」「中国や北朝鮮には弱気で何も言えないのに」「韓国の外交がそのレベルということ。甘く見られている証拠だよ」「文大統領が外国で大統領扱いされないことにはもう慣れっこだ」など皮肉交じりの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携