Record China

ヘッドライン:

文在寅大統領、中韓首脳会談で「香港・新疆は中国の内政問題」と発言?大統領府否定も韓国紙は疑問視

配信日時:2019年12月27日(金) 16時50分
拡大
韓国の文在寅大統領が中韓首脳会談で、香港や新疆ウイグル自治区について「中国の内政問題」と語った、と中国で報じられた。大統領府は発言を否定したが、韓国紙は疑問視している。

韓国文在寅大統領が中国の習近平国家主席との首脳会談で、香港や新疆ウイグル自治区について「中国の内政問題」と語った、と中国で報じられた。韓国大統領府(青瓦台)は発言を否定したが、韓国紙は「文大統領が習主席の見解に同意したのではという合理的な疑いを抱く声もある」と伝えた。

中央日報などによると、中韓首脳会談は北京の人民大会堂で23日午前11時30分から55分行われた。その後、午後0時15分からは1時間半にわたり昼食会が続いた。

文大統領の発言は中国中央電視台(GCTV)が午後2時20分ごろ、「韓国は香港にしても新疆に関連した問題にしても、すべて中国の内政だと認識していると文大統領が言及した」と放送。中国共産党機関紙「人民日報」も同じ内容をタイトルに選んでSMS(ショート・メッセージ・サービス)で速報した。中国外交部の耿爽報道官は午後の記者会見で該当の報道に対して論評を求められると、「この表現は事実に符合する。彼は基本的な事実を述べた」とし、報道が正確との認識を示した。

これに対し、青瓦台は「習主席が香港問題・新疆ウイグル自治区問題について『内政問題だ』と説明した。文大統領は習主席の言及を確かに聞いたという趣旨の発言をしただけだ」と述べ、中国側の報道を否定した。首脳会談後、世界的に関心が高い問題をめぐり、中韓両国が異なる発表をするという前例のない状況が起きたわけだ。

中国側の報道ぶりを中央日報は「これまで香港デモと新疆の人権問題で国際社会から批判されてきた中国が会談内容を使って言論プレーをしたのではないかと疑わざるを得ない」と批判。「2017年12月に文大統領が北京を訪問して習主席と首脳会談をした後、両側は会談結果をほぼ同時に発表した。だが、今回は中国メディアが先に文大統領の言及として報じた。中国メディアで香港などの関連報道が相次いで出された時間に、(日中韓首脳会談が開催される四川省の)成都に移動する機内にいた韓国側の対応は後手に回るほかなかった」と弁護した。

一方、朝鮮日報は安倍晋三首相が23日に行われた習主席との日中首脳会談で、香港問題などを取り上げ、「大変憂慮している。自制した対応と事態の早期収拾を求める」「自由、人権の尊重や法の支配といった普遍的価値を重視している」と述べたと紹介。これとは対極に位置すると受け取られかねない文大統領の発言について、同紙は外交関係者から「文大統領が事実上、習主席の見解に同意したのではないかという合理的な疑いを抱く」「もし他の目的のために国際人権に沈黙したのなら、韓国外交の原則を喪失した悲劇」などの声が上がっているなどと指摘し、「韓国政府は中国側の歪曲(わいきょく)発表に正式抗議すべきだ」と主張した。(編集/日向)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

文大統領の「国民との対話」、韓国メディアが「まるでファンミーティング」と酷評

19日に放送された文在寅大統領が国民の質問に直接答える生放送のテレビ番組「国民との対話」について、韓国・朝鮮日報は20日、「鋭い質問や明快な回答はなく、ファンミーティングのようだった」と評価した。画像は韓国大統領府Facebookアカウントより。

Record China
2019年11月20日 17時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング