Record China

ヘッドライン:

文大統領「香港・ウイグル問題は中国の内政」、習主席との会談で―中国メディア

配信日時:2019年12月24日(火) 11時20分
拡大
中国メディアの央視新聞は23日、韓国の文在寅大統領が香港や新疆ウイグル自治区の問題について「中国の内政である」との見方を示したと伝えた。

中国メディアの央視新聞は23日、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が香港や新疆ウイグル自治区の問題について「中国の内政である」との見方を示したと伝えた。

記事によると、日中韓3カ国首脳会議に出席するため中国を訪問中の文大統領は、23日に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談。中華人民共和国成立70周年に祝意を示したうえで、「今年は韓中両国にとって歴史的な意義のある1年であり、韓中関係は重要な進展を見た。韓国は経済貿易、文化、スポーツ、環境問題などの分野でさらに協力を進めたいと願っている」とした。

また、香港情勢や新疆ウイグル自治区の問題については「いずれも中国の内政であると考えている」と述べた。文大統領はこのほか、「韓中両国は長きにわたる交流の歴史と相通じる文化的根源を有しており、両国は運命共同体だ」との見方も示した。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング