Record China

ヘッドライン:

韓国人の1人あたり年間通院回数17回、OECD平均の倍以上―韓国メディア

配信日時:2019年12月26日(木) 17時30分
拡大
24日、環球網は、韓国人1人あたりの年間通院回数が約17回だったことが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。写真は韓国の病院。

2019年12月24日、環球網は、韓国人1人あたりの年間通院回数が約17回だったことが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は、韓国・東亜日報の23日付報道を引用。韓国保健福祉部が22日に発表した「2019保健福祉統計年報」で、昨年の韓国人1人あたりの平均通院回数が16.9回、患者1人あたりの入院日数が19.1日となり、いずれも2015年から徐々に増加する傾向にあることが分かったという。

また、経済協力開発機構(OECD)メンバー国の平均は通院回数7.1回、入院日数8.2日で、韓国は平均よりも通院回数、入院日数いずれも倍以上の多さとなっている。韓国人が通院する理由で最も多いのは、頸椎や膝関節の疾患で全体の20.4%を占めた。これに呼吸器系や消化器系統の疾病が続いたという。

入院患者では、精神や行動障害系の患者が165.8日と最も期間が長くなっており、神経系の疾患、事故や疾患の後遺症を持つ患者がその次に多いとのことだ。

東亜日報の分析によると、韓国で通院回数と入院日数が非常に多くなっている理由は、「社会全体の高齢化が加速していること」「病院へのアクセスが便利で費用も保険制度のおかげで低廉なため、ちょっとしたことですぐに病院に行く習慣があること」だという。(翻訳・編集/川尻

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング