Record China

ヘッドライン:

露外相「米国人を喜ばせるために中国との関係を悪化させるつもりない」―中国メディア

配信日時:2019年12月24日(火) 20時20分
拡大
ロシアのラブロフ外相は22日放送の同国のテレビ番組で「米国人を喜ばせるために中国との関係を悪化させるつもりはない」と述べた。写真はロシア。

2019年12月23日、中国メディアの環球網によると、ロシアのラブロフ外相は22日放送の同国のテレビ番組で「米国人を喜ばせるために中国との関係を悪化させるつもりはない」と述べた。

記事によると、ラブロフ外相はチャンネル1の番組で、米国のヘンリー・キッシンジャー元国務長官との先日の会談について言及。同氏から紹介された中国に関する新しい書籍の中に「米国にとって最も理想的な状況は、米露関係と米中関係のどちらも露中関係より良好であることだ」と記されていたと述べた。

その上で、「われわれは、米国人を喜ばせるために中国との関係を悪化させるつもりはない」とした一方で、「制裁や最後通牒という手段ではなく、積極的に協力することで目標を達成するという考え方そのものは評価に値する」と強調した。

また、中国との関係については、「プーチン大統領が繰り返し述べているように、軍事同盟を結ぶ計画はない。だが政治においては、国際法の維持や国際関係の多極化の観点から、われわれはもちろん同盟国だ」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング