Record China

ヘッドライン:

韓国の「ゴースト整形」、名医の執刀約束し麻酔後に入れ替わる―中国メディア

配信日時:2019年12月27日(金) 10時10分
拡大
22日、央視新聞は、「整形大国」として知られる韓国で名医が執刀すると言いながら実際は経験の少ない医師が執刀する「ゴースト整形」が横行していると報じた。韓国の整形広告。

2019年12月22日、央視新聞は、「整形大国」として知られる韓国で名医が執刀すると言いながら実際は経験の少ない医師が執刀する「ゴースト整形」が横行していると報じた。

記事は、「世界で最も美容整形業界が発展している韓国で、巨大な利益をむさぼるべく業界内で不正を働く人物や病院が後を絶たず、業界が玉石混交状態になっている」と紹介。不正の一つとして問題視されているのが「ゴースト整形」だとした。

そして、ある整形外科クリニックの手術室を映した監視カメラ映像に、患者に麻酔を行った後で本来執刀するはずの医師が手術服を着ずに入って来て、患者と「初顔合わせ」となる若い医者が実際に執刀する様子が記録されていたと説明。経験のほとんどない若い医師による手術はレベルが低く、術後に患部に深刻な後遺症が発生したという。

韓国メディアによると、この現象は、手術の経験を積みたい新人医師と、多くの手術をこなして稼ぎたい大型整形外科医院の両者の思惑が一致していることによるもので、法律では違法行為とは規定されていないため、撲滅は難しいとのことである。

韓国の美容整形専門家によると、2000年からの約20年で整形手術により死亡した500人余りの患者のうち、200~300人が「ゴースト整形」によるものだったという。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

水着をなくしたミスコリア大会、今度は「セクシー過ぎる伝統衣装」が物議=韓国ネット「恥ずかしい。大会を廃止すべき」

12日、韓国・ノーカットニュースによると、「性の商品化」が問題視され水着審査が廃止されたミスコリアの大会で、参加者たちが「韓服コルセット」姿でステージに登場したことが分かり、またしても物議を醸している。写真は韓服。

Record China
2019年7月16日 22時10分
続きを読む

ランキング