Record China

ヘッドライン:

なぜスターウォーズ最新作は中国で人気がないのか―仏メディア

配信日時:2019年12月23日(月) 21時40分
拡大
23日、中国メディアの環球時報は、AFP通信の記事を引用し、中国でスターウォーズ・エピソード9の人気が低い理由について論じる記事を掲載した。

2019年12月23日、中国メディアの環球時報は、AFP通信の記事を引用し、中国でスターウォーズ・エピソード9の人気が低い理由について論じる記事を掲載した。

記事は、世界中のスターウォーズファンがエピソード9「スカイウォーカーの夜明け」を見るために、公開初日に行列を作ったと紹介。しかし、スターウォーズシリーズは中国の映画市場においてはそれほどの人気がないという。中国での公開初日の興行収入はわずか1200万元(約1億8700万円)にとどまり、最近中国で公開された犯罪をテーマにした国産映画が初日に2億1800万元(約34億円)の興行収入となったのと比べると微々たるものであると伝えた。

中国の数少ないスターウォーズファンと対照的だとして、記事は「中国の多くの映画ファンはマーベル系と国産映画を見ようと映画館に押し寄せている」と指摘。市場研究企業Daxue Consultingのアナリストは、「スターウォーズの第一部が上映された1977年当時は、確かに映画革命だった」と紹介、多くの映画ファンにとっては「新たなスターウォーズが出るたびに、おしゃれで懐かしい」感じがするが、中国の大部分の観客にはこの「懐かしい」という感覚がないと指摘している。

その上で、中国ではスターウォーズの最初の3部作が2015年になって初めて上海国際映画祭で上映されたと紹介。米国での初公開から40年近くも経過しており、「時代遅れの技術」という感じが否めなかったという。中国人からは「宇宙をテーマにした映画では中国人を夢中にさせることはできない」「スターウォーズの映像効果で特に印象的な所はない」「スターウォーズの戦闘場面は(ほかの映画と)よく似ている」などの感想が出ていると記事は伝えた。

ある中国人映画ファンは、「中国のSFファンは科学理論を重視した作品を好む傾向にあり、ストーリーに対するロジックや一貫性に対する要求が高い。しかし、スターウォーズは『宇宙に移転させられたローマ帝国の物語』のようだ」と語った。さらに「初めてスターウォーズを見た時、人間と宇宙人が気の向くまま共存していることに驚いた。これはほかのSF映画では見たことがない」という。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日本人は複雑?ハリウッド映画がチャイナマネーで変わる、中国要素を強化

ハリウッド映画「ミッドウェー」について、中国の映画プロデューサーの于冬氏が「東京を爆撃して中国沿海に不時着した搭乗員を中国の一般市民が助けるシーンがある。中国側の参与により強化された要素だ」と述べ、チャイナマネーによる影響について語っている。

Record China
2019年11月17日 21時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング