今年2人目!中国人の女がトランプ氏別荘に侵入し写真撮影―中国メディア

Record China    2019年12月20日(金) 14時50分

拡大

18日、フロリダ州パームビーチに位置するトランプ米大統領の別荘マー・アー・ラゴに中国人の女が侵入し、現地の警察に逮捕された。写真はマー・アー・ラゴ。

18日、フロリダ州パームビーチに位置するトランプ米大統領の別荘マー・アー・ラゴに中国人の女が侵入し、現地の警察に逮捕された。米紙ザ・ヒルの報道を基に19日付で中国メディア・環球網が伝えた。

記事によると、パームビーチの警察当局は、「盧静(ルー・ジン)という名の56歳の女がマー・アー・ラゴに不法侵入し、警備員から立ち去るよう命じられた」「しかし女は再び戻り、写真を撮り始めた。そのため警察は女を拘束した」などと発表。「女のビザは期限が切れていたことが確認された」とも明らかにしたという。

記事は、「事件発生時、トランプ氏一家はマー・アー・ラゴにはいなかった。しかし、同氏は20日からそこで2週間の休暇を取ることを予定していた」と説明。盧容疑者はパームビーチの拘置所に収容されており、弁護士による法的支援を求めているという。

パームビーチでは、今年3月30日にも中国人の女がマー・アー・ラゴの従業員に「クラブの会員だ」「プールを利用したい」といった虚偽の説明を繰り返しながら内部に侵入する事件が起きていた。この事件では、女にスパイ疑惑が浮上していたが、裁判の結果、スパイであることを示す証拠は見つからず、不法侵入の罪で8カ月の禁錮刑が言い渡された。記事によると、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は9月にこの事件に言及し、「(女が)中国政府と関係しているという話は聞いたことがない」「米国には、法にのっとった公正かつ善良なやり方で事件を処理し、中国人の安全と正当な権利を確実に保証するよう求める」などと述べていた。(翻訳・編集/岩谷)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携