Record China

ヘッドライン:

日本の最上級イチゴ1粒1万4000円、香港業者が1セット150万円で落札=中国でも話題に

配信日時:2019年12月20日(金) 7時30分
拡大
奈良県産のイチゴ1粒に約1万4000円もの値が付いたこと、1セット150万円で落札したのが香港の果物卸売り業者であることが中国でも伝えられ、注目を集めている。資料写真。

奈良県産のイチゴ1粒に約1万4000円もの値が付いたこと、1セット150万円で落札したのが香港の果物卸売り業者であることが中国でも伝えられ、注目を集めている。

中国のニュースサイト、新浪新聞のウェイボー公式アカウントは19日、日本メディアの報道を引用し、「奈良県産のいちご3品種の初競りが行われた。中でも注目を集めたのは、甘さも見た目も最上級のイチゴを集めた『金色の玉手箱』。1セット(3品種×各36粒)限りの出荷で150万円の値が付いた。落札したのは香港の果物卸売り業者で、売らずにまずは観賞するという。生産者は『これはイチゴの値段じゃない』と驚いていた」などと伝えた。

ウェイボーユーザーからは「観賞用?数日後には腐れちゃうのに」「金持ちの暮らしは千差万別、貧乏人の暮らしはだいたい一緒」「金持ちの快楽は、貧乏人の涙をもって購われている」「この香港商人の考えは到底理解できない」「日本人は心の中で中国人は頭悪いと思っているに違いない」「このニュースは、香港社会がまだ安定していることを物語っている」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

枯れ木2本に2億3000万円の値がつく=近隣住民「しまった! 落ちていた枝を焚き木に使っていた」

海南省の海口市人民公園で伐採された樹木2本分(写真1枚目)に1428万2000元(2億3372万円)の値が付いた。海南黄色花梨と呼ばれる超高級木だったため。「しまった! 落ちていた枯れ枝を拾って焚き木に使っていた」と悔やむ近隣住民もいるという。

Record China
2018年11月12日 7時0分
続きを読む

ランキング