アジア最大規模の一体化スマート物流センターが稼働開始―中国

人民網日本語版    2019年12月22日(日) 8時0分

拡大

アジア最大規模の一体化スマート物流センター「東莞亜洲1号」が18日、正式に稼働開始した。

アジア最大規模の一体化スマート物流センター「東莞亜洲1号」が18日、正式に稼働開始した。同センターの建築面積は50万平方メートル近くで、1日の注文処理能力は160万件にのぼる。自動立体倉庫には同時に中型の2000万点の商品を保管できる。環球網が伝えた。

東莞亜洲1号の面積は「鳥の巣」(国家体育場)2個分に相当し、その中心的な機能は小・中型商品の処理だ。「身長」22メートルのスタッカクレーンが78台あり、その大型交差ベルト仕分けシステムの総延長は22キロにのぼり、これは港珠澳大橋の海をまたぐ区間の合計に相当する。仕分け装置の800以上の仕分けラインは荷物を全国各地の亜洲1号及び仕分けセンターに送り、その精度は99.99%にのぼり世界トップ水準に達している。東莞亜洲1号は各段階で多くのロボットと自動化設備を使用している。独自開発した「スマートブレーン」は管制・統括・最適化及びデータ管理の全面的な機能を持つ。京東物流が十数年をかけ蓄積した複雑な受注処理能力とアルゴリズム最適化を利用し、各段階の運営効率と質を大幅に高めた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携