Record China

ヘッドライン:

北京の地下鉄2路線が年末までに試運行開始、ユニバーサルスタジオ駅もお披露目―中国

配信日時:2019年12月20日(金) 23時0分
拡大
北京の地下鉄7号線の東への延線工事と八通線の南への延線工事が完了し、検査が間もなく終わって年末までに試運行が始まる計画となっている。
(1/4枚)

北京の地下鉄7号線の東への延線工事と八通線の南への延線工事が完了し、検査が間もなく終わって年末までに試運行が始まる計画となっている。また、同2路線の終着駅であるユニバーサルスタジオ駅もすでに正式にお披露目されている。北京日報が伝えた。

その他の写真

ユニバーサルスタジオ北京が開園した暁には、地下鉄駅の利用者はピーク時で1時間当たり4万人に達すると予想されている。これは一般的な地下鉄駅の利用者の3倍に当たる数字となる。そのため利用者を分散させるためにユニバーサルスタジオ駅には構内に入ることができるホールが駅の東側、西側、中央の3カ所設けられている。また、セキュリティチェックの機械が合わせて30台設置され、自動改札機は48台設置されている。さらに、利用客で混雑することを想定してエレベーターも8機設置。また、ユニバーサルスタジオ北京の正門から、駅の改札機を通過するまで乗客は階段を上り下りする必要のない完全なバリアフリーとなっている。

すでに同駅を見学した人たちは「高速鉄道の駅のようだ」と声を揃える。地下鉄ユニバーサルスタジオ駅の汪一●駅長(ワン・イーティン、●は女へんに亭)は、「当駅は、広々としていて、天井も高く、プラットホームも広い。駅全体の屋根を傘状の鉄骨の柱8本が支えており、天窓やガラス張りの壁から太陽光が入ってきて、とても明るい。利用者は天井を見上げると、起伏のあるガラスの向こうにある青い空、白い雲を見ることができ、とてもさわやかな気分になることができる」と語る。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

物議醸した上海ディズニーランド、それでも荷物検査は継続!?=中国ネットではボイコット提唱も

上海市浦東新区の消費者権益保護委員会が「上海ディズニーランドは食品の持ち込み禁止や手荷物検査実施の規定を改めない」と発表したことを受け、中国ネットからはディズニーランドに反発する声が上がっている。写真は上海のディズニーリゾート駅。

Record China
2019年8月23日 16時50分
続きを読む

ランキング