「これがマラソン精神だ!」とわざと這いつくばってゴール、男性に非難ごうごう―中国

Record China    2019年12月19日(木) 18時20分

拡大

18日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、中国国内で行われたマラソン大会で1人のランナーがゴール手前でわざと這いつくばってゴールする一幕があったと報じた。写真は福州国際マラソン大会。

2019年12月18日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、中国国内で行われたマラソン大会で1人のランナーがゴール手前でわざと這いつくばってゴールする一幕があったと報じた。

記事によると、15日に福建省福州市で行われた福州国際マラソン大会のゴール地点手前で、ランナーが突然這いつくばって前進し始めた。大げさな動きを見せながら、心配して手を差し出そうとするスタッフに対して「大丈夫かだと?ダメならもうリタイアしてる」「これがマラソン精神だ!分かったか」などと叫び、最後は「どけ!」と言いながらゴールした。

大会の関係者は、「正面からこのランナーについて批判したり、処分を下したりはしないが、このような行為は推奨できないのは明らか」と苦言を呈した。

ショートカットなど、これまでしばしば物議を醸してきた中国国内のマラソン大会で再び問題行為が発生したことについて、中国のネットユーザーは「実にうさんくさい。這って進む方が疲れるだろうに」「くだらない。マラソン精神に対する侮辱」「演技に力が入っているが、この人はそもそも演技する場所を間違えている」「やるならスタート地点から這っていけ」といった批判的なコメントを続々と寄せている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携