Record China

ヘッドライン:

これが日本軍慰安婦の動員方法…?韓国の求人広告に反響「鳥肌」「日本でもやって」

配信日時:2019年12月19日(木) 7時50分
拡大
17日、韓国・マネートゥデイによると、韓国・大邱カトリック大学に掲示された求人広告が話題となっている。写真は大邱。

2019年12月17日、韓国・マネートゥデイによると、韓国・大邱カトリック大学に掲示された求人広告が話題となっている。

記事によると、同大学の掲示板やSNSに同日、「経歴不問、学歴不問、年齢不問」という応募条件と「月給300万(約28万円)ウォン以上」との条件が書かれた求人広告が掲載された。広告には「志願書作成と募集要項詳細は以下のQRコードを読み込んでください」との案内も書かれている。しかし、スマートフォンでQRコードを読み込むと、画面には慰安婦像の写真と「1930年、彼女たちもだまされました。朝鮮人女性が日本軍慰安婦として動員された方法は、就職詐欺による誘拐、人身売買など“明らかな強制徴用”です」「私たちが必ずや記憶すべき真実、過去は忘れたら繰り返されます」との文章が書かれた画像が表示されるという。

作成したのは同大学に通う男子学生で、理由について「最近の日本の慰安婦被害者に対する歴史歪曲(わいきょく)が深刻だと感じた」と説明したという。

同広告は各種のオンラインコミュニティーを通じて反響を呼び、ネットユーザーからは「奇抜なアイデア」「インパクトがすごい」「鳥肌が立った」「問題点を効果的に伝えられている」「素晴らしい。愛国心から起こした行動だ」「国が彼に賞を与えるべき」「日本語に翻訳して日本でもやってほしい」などの声が上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング