Record China

ヘッドライン:

文大統領が「外国人観光客2000万人時代」の抱負語る、中国人観光客増加にも期待

配信日時:2019年12月28日(土) 9時0分
拡大
26日、韓国・イーデイリーによると、文在寅大統領が「2020年には外国人観光客2000万人時代を切り開く」という抱負を語った。写真はソウル。

2019年12月26日、韓国・イーデイリーによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「2020年には外国人観光客2000万人時代を切り開く」という抱負を語った。

記事によると、文大統領は同日、公式SNSで韓国の今年の外国人観光客数が過去最高を記録したことに触れ、「観光収入だけでも25兆ウォン(約2兆3500万円)を超え、韓国経済の活力に大きな助けとなっている」として上記の抱負を述べた。

また、国別観光客数の1位が中国であったことを挙げ、「昨年よりもおよそ26%増えた」とも明らかにした。これについて記事は「最近、文大統領は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席や李克強(リー・カーチアン)首相と連続して会談を行った」とした上で「中国の制裁緩和への期待が高まっていることから出た発言として注目されている」と伝えている。

文大統領は「ここ3年間で韓国の観光競争力は世界19位から16位に上昇した。国民が親切に迎えたおかげで韓国を再び訪れる観光客も増加し、彼らが韓流の広報大使になってくれている」とも述べたという。

これについて、韓国のネット上では「よくやった!」と喜ぶ声や「大統領を支持します」と応援する声が上がっている。

ただ否定的な声も多く、「オ・セフン元ソウル市長がデザインソウル政策を掲げて外国人観光客の誘致を提案したとき、展示行政とか何とか言って反対したのは文大統領じゃなかった?」「文大統領の政策のせいで韓国の企業はみんな外国に出ていこうとしてるけど?」などと指摘する声や、「このままじゃ韓国が中国化していきそうで心配」「外国人観光客の中には観光目的で入国してそのままいなくなる人(=不法滞在者)も多い」と警鐘を鳴らす声も目立った。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング