Record China

ヘッドライン:

世界の「男女格差」ランキング、中国106位、韓国108位、日本は…

配信日時:2019年12月19日(木) 12時30分
拡大
17日、韓国・ヘラルド経済は、世界の男女格差ランキングで、中国が106位、韓国が108位、日本が121位だったと報じた。写真はソウル。

2019年12月17日、韓国・ヘラルド経済は、世界の男女格差ランキングで、中国が106位、韓国が108位、日本が121位だったと報じた。

記事は、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)が同日発表した、世界各国の男女格差を測る「ジェンダー・ギャップ指数」の年次報告書について伝えている。

WEFは政治・経済・健康・教育分野で各国の男女格差の状況を数値化(GGI=Gender Gap Index)してその結果を2006年から発表してきた。今回、韓国は0.672(1に近いほど平等)で153カ国のうち前年より7ランク上昇した108位となった。分野別では、経済分野が127位、教育分野が101位、政治分野が79位。一方、健康分野ではブラジル、ハンガリー、ポーランドなど38カ国と共同で1位だったという。

1位はアイスランド(GGI0.877)、2位はノルウェー、3位はフィンランドだった。米国は53位、中国は106位、日本は121位だった。

なお同ランキングをめぐっては、2016年に韓国の女性家族部が「GGIは政治・経済・社会的な水準自体ではなく、4分野の男女格差のみを評価する特性があり、韓国女性の地位を見せるには一定の限界がある」と指摘したことがあるという。

これを受け、韓国のネット上では「韓国の教育分野が101位なのは、男性の徴兵制度があるから。順位をそのまま受け入れてはいけない」などランキングの信ぴょう性に疑問を投じるコメントが寄せられている。

一方、男性ユーザーからは「108位で納得。男性にだけ徴兵制度があるし、男性嫌悪もひどい」「韓国は女性の方が強い」「女性は軍隊に行かない。それだけでもかなりの特権。女性は男性より早く社会進出して上司になれるし、結婚や出産を機に退職する人も減った。女性が男性より有利な社会構造だ」など順位に納得する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の職場の「女性はメガネ禁止」を中国ネットも疑問視=「どんなロジック?」「日韓では“謎ルール”がまかり通る」

今月、日本のネット上で「一部の職場では女性従業員にメガネの着用が禁止されている」という話題が議論の的となった。中国版ツイッター・微博でも多くのメディアがこれを伝え、ネットユーザーからさまざまな感想が寄せられている。

Record China
2019年11月12日 14時40分
続きを読む

ランキング