Record China

ヘッドライン:

<コラム>外国人ママの憂鬱「あなたのそのお悩みが身体に出てますよ!」

配信日時:2019年12月21日(土) 14時40分
拡大
鍼灸院の院長先生から連絡が来て、中国人の女性の患者さんが来たので通訳してほしいと言われ、私は迷わずに行きました。資料写真。

私がいつも治療に通っている鍼灸院の院長先生から連絡が来て、中国人の女性の患者さんが来たのだけど、日本語はとても流暢だからいいとしても、治療する上でどうしても女性の微妙な部位を触診して、鍼を刺さないと症状が改善しないから、できれば中国語を話す人が側で微妙な表現のところを通訳してくれると助かるんだけど、来てもらえるだろうか?というご依頼だったので私は迷わずに行きました。

私が行ったときには既に来ていて、院長先生から私のことを聞いたのでしょう。治療が始まって、御本人は痛みの場所や、どういった痛みか?など確かに日本語できちんと説明できていました。が、院長先生は本人に、「私のことは構わないから、二人で中国語で話してもいいよ」と言いました。しかし、本人は院長先生に気兼ねしてか?まあ、私とは初対面でしたから私にもちょっと遠慮していたようですが、子育ての話になって、私が中国語で話をし始めたら、鍼の治療で緊張していた表情が少し柔らかくなりました。日本に来てから既に数十年の年月が経ち、現在は三人のお子さんのママさんだそうです。3人も子供がいたら毎日きっとてんてこ舞いかもしれません。そうした疲れが溜まっていたのか?それとも外国人妻の共通の悩みなのかもしれませんが、いくら日本に長く住んでいて日本語も流暢だったとしても日本においては外国人ですし、日本の色々な習慣や風習に戸惑ったりしますし、子供が居れば子供のことで悩んでも相談する相手がいないければ孤立する人も少なからずいます。

私は何気なく中国語でご家族は?とか、日本に来てどれくらい?とか、お子さんの歳は?中国人のママ友とかいないの?と聞いてみました。そうしたら子供が通っている学校には中国人のお子さんはいないそうです。なので中国人のママ友もいないのです。じゃあ、他の友達は?と聞いたら特に親しくしている日本人のママ友もいないようなのです。今まで一人で頑張って子育てや日本の生活をしてきた印象を受けました。中国の北の地方の人はあの厳しい気候風土柄忍耐強い人が沢山います。彼女もこの例にもれずの人だと思います。

今、三人のお子さんのうちの一人が反抗期に突入し始めたということで、これもこのママさんの頭の痛い問題でもあります。私は自分の経験から、反抗期は誰にでも必ず来ること。もし、反抗期がないまま大きくなってしまったら精神的に成長しなくなる!親は子供の反抗する態度には頭に来ると思うけど、そこはもう耐えて、あー、またか!っていう気持ちでいないとだめよ!私の娘も丁度中学三年くらいの時に反抗期があったけど、既に経験しているママさんに相談したら、必要なこと以外は構わないほうがいい!でも、もし、子供が間違ったことをしたらそれは注意しないといけないとアドバイスしてみました。この会話を中国語でやったのですが、私の話に一応反応してくれました。

この他の悩みで聞いたのが、お母さんとしては一年に一度くらいの割合で故郷の中国に里帰りするし、子供も一緒に行くし、自分の両親と中国語で会話できるようになってほしい!私の両親も孫をとってもかわいいと思っているから親としては中国語を話してくれるのを望んでいるが、実際に過去に色々と中国語で話かけてみたけれど子供はそれを拒否してしまったので、もう今は中国語で話しかけるのは諦めた!とのちょっと寂しそうな表情でした。

私は過去に数人の中国人ママさんから同じ悩みを相談されたことがありますが、とても繊細で難しい問題です。それぞれの家庭の環境も家族構成も違いますから同じ回答はできません。私は彼女に「子供の立場で言うと、子供は日本人の学校に行ってもう完全に日本語の生活だから、今中国語を話すのは子供ながらに恥ずかしい!とか人と違うのはいじめられちゃうのではないか?というそういった気持ちもあるのかもしれない。子供の心理ってそういうもんかもしれないしね」と話しました。もう少し成長していけば子供の考えも変わるかもしれないし、それまで待ってあげるしかないのだけれど、お家で中国語を話すチャンスがないとなると子供の耳にも中国語が入らなくて、せっかくの外国語を学ぶ環境にあるから私としてはとても惜しいなー!と言いました。お母さんがお家に中国人のお友達を連れてきたり、そうしたコミュニティーに行って子供も連れて行くような環境を作ってあげないと子供も中国語に親しみを感じなくなってしまうかもしれないよ!とも話しました。

私の娘は現在大学生ですが、我が家も家族は皆日本生まれの日本育ちですから会話は当然日本語ですが、私の友達に中国人の友達が多く、家にも遊びに来たりしていて当時娘は何を話しているか全くわからなかったけど、今大学生になり、第二外国語で中国語を選択しています。数カ月前に娘に外国語の勉強方法について聞かれたので私自身の経験を話したりしていたのですが、その時に娘が「今自分が中国語を大学で勉強していて、そういえばずっと前にお母さんがよく言っていたフレーズが今出てくるようになって、今やっとそれの意味がわかったよ。やっぱり昔から耳に自然に馴染んでいたのかな?」と言い出しました。という話を彼女に話しました。やはり外国語を話せるようになる環境を親が自然に強制しないで作って上げることが必要かもよ?と話しました。

こうしたケースは何もこの女性ママだけの悩みではありません。最近こうした悩みを耳にしますね。日本はこのところ外国人の居住者が増加していますが、以前のケースは日本人男性と外国人女性の夫婦のケースが多いですが、中国人に限って言えば、現在は夫婦ともに中国人というケースが増えました。

そして、この女性のもう一つのお悩みは毎日の食生活。日本人のご主人の父親が中国料理は一切受け付けないのだそうです。彼女としては自分の故郷の料理も作りたいし、子どもたちにも食べさせてあげたい!という気持ちがやはりどこかにあるのでしょうね。私なら大歓迎ですがね。日中両国の料理が堪能できるなんていいじゃないですかー?って思いますが、ご主人のお父様はそれを受け入れないのだそうです。これは自分のアイデンティティーを否定されているようで辛いですね。近々家族全員とご主人の両親を連れて台湾に旅行に行くそうですが、台湾に行ってみて良い感触を得られると良いですね!と話しました。

こうした小さな問題の積み重ねがこの方の身体の症状を悪くしていると鍼灸院の院長先生が言っていました。東洋医学は西洋医学と概念が全く違いますから、西洋医学で画像に写らないものは医者は診断できないですが、東洋医学は触診し、原因を探って行く治療です。この方は二年前から整形外科に通い、痛み止めをもらって終わりで、痛みは全く改善されていなくて、鍼灸治療院に意を決して来たそうです。ご主人が元々友人の紹介でここの治療院に来ていて、効果を自分で実感していたそうで、奥様にも行くように言ったのでしょうね。しかし、奥様は中国人でありながら中国医学を中国でも受けたことがなく、また、鍼を身体に刺すということへの恐怖感があり、なかなかリラックスできないでいたようですが、今回私が行って話し相手になったことで少しリラックスして治療を受けられて、身体の痛みも改善されると良いですね。それと、お友達を作って、気を許せる相手ができて、自分の悩みを溜め込まないようにしないといくら治療しても治りません。私は翌日ウイチャットで、次回再会するときはもっと明るい表情でいてくれるといいなと話しました。

外国人のお母さんが日本で暮らせばやはり色々な問題に直面することでしょう。こうした悩みを聞いてくれる機関も少ないですが日本にはありますし、同じ国の人間同士のコミュニティーに顔を出して話をするだけで精神的に変わると思います。特に子育ての悩みは全世界のお母さんの共通の悩みの種ですね。それを拾ってもらえる人と話ができるだけでも色々と開放されると思います。

■筆者プロフィール:茶妹小丸子
1967年生まれ。千葉県出身。中国浙江省杭州大学(現浙江大学)漢語進修コースに1年留学。広西チワン族自治区外貿公司駐日本代表事務所に5年の勤務、上海に4年間駐在した経験を持つ。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

ランキング