中国の核戦力、10年以内に米露を抜く可能性―米専門家

Record China    2019年12月17日(火) 12時20分

拡大

16日、米華字メディア・多維新聞網によると、米国の専門家が「中国の核戦力は近い将来米国やロシアに追い付き、抜き去る見込みである」と予測した。写真は中国の核研究施設。

2019年12月16日、米華字メディア・多維新聞網によると、米国の専門家が「中国の核戦力は近い将来米国やロシアに追い付き、抜き去る見込みである」と予測した。

記事は、ロシアメディア・スプートニクの16日付の報道として、米アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のマイケル・マッザ氏と、米核不拡散政策教育センターのヘンリー・ソコルスキー氏が米誌に寄稿した文章の中で「中国は10年以内に大幅に核戦力を向上させ、米露の水準に達する可能性がある」としたことを伝えた。

両氏は、「今後10年以内に中国が軍民両用の濃縮ウラン生産技術を向上させ、2030年までには核弾頭の数が現在の倍になる見込みだ」としたほか、「中国はミサイルや爆撃機、潜水艦、さらには極超音速技術、ステルス技術など核弾頭発射に関連する技術も積極的に開発している」との見解を示した。

一方で、「米国は東アジア地域における盟友である日本や韓国を守る能力は持っておらず、日本や韓国は自らの核計画を発展させようとしている」とし、「これは米国の利益には決して合致しない動きだ」と評している。

そして、外交手段を通じて東アジア地域や世界における核の脅威を低減させるとともに、非核兵器を発展させるよう呼び掛けた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携