Record China

ヘッドライン:

派手なイルミネーションで気分アップ!?アガる香港クリスマス

配信日時:2019年12月21日(土) 23時10分
拡大
尖東、利東街と 香港の風物詩の一つであるクリスマス・イルミネーションをご紹介してきた。今日は派手な飾りつけで一際目立っているイルミネーションをピックアップしてご紹介してみたい。
(1/7枚)

尖東、利東街と 香港の風物詩の一つであるクリスマス・イルミネーションをご紹介してきた。今日は派手な飾りつけで一際目立っているイルミネーションをピックアップしてご紹介してみたい。

その他の写真

まずはお馴染みの尖東エリア。尖沙咀東のビクトリアハーバー沿いの建物は、ビルの壁面を利用した巨大スクリーン上で派手なイルミネーションが行われている。中でも尖沙咀中心ビルと帝國中心ビルの2つの壁面、総面積4000平方に渡るLEDのライトアップがすごい。

このライトアップ、合計8万2000個ものLEDを利用しているとの事。そしてスクリーンには巨大で凝ったアニメーション映像が映し出されていく。とにかく巨大な上に躍動感のあるアニメーションが流れるので、つい足を止めて見入ってしまうほど。この巨大イルミネーションはぜひご覧頂きたいクリスマス風物詩の一つである。

次にご紹介をするのは、香港島セントラルにあるランドマークショッピングモール。このランドマークも毎年賑やかな飾り付けを行い、多くの人を楽しませている。今年のテーマはSanta Paws Villageで祝うクリスマス。おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかなデコレーションが設置され、土日ともなると大勢の人が集まってくる。

会場にはクリスマス・ソングがかかり、曲にあわせてセットを照らすライトの色が変わっていく。なんとも派手なクリスマス。今年は控えめな飾り付けが多い中で、これぞ香港の元気で賑やかなクリスマスといった感じがして、人々を喜ばせている。

さて、こちらは番外編。今年オープンしたばかりのインスタ映えの聖地(?)K11 MUSEAのクリスマスの様子。MUSEAの7階にある屋外ガーデンには、エレガントな耀くツリーの並木が登場。ここも週末になると多くの人が写真撮影に来ていた。

もうすぐクリスマス。やっと普段の香港らしい元気の出るイルミネーションが増えてきたようだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「派手なイルミネーションで気分アップ!? アガる香港クリスマス」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング