Record China

ヘッドライン:

韓国の日本車不買運動が「完全終了」?悪材料の中でも販売台数回復

配信日時:2020年1月9日(木) 8時10分
拡大
6日、韓国・Mオートデイリーは「日本車不買運動、完全に終了?」と題する記事で「日本車の販売台数が回復の兆しを見せている」と報じた。写真はトヨタ自動車。

2020年1月6日、韓国・Mオートデイリーは「日本車不買運動、完全に終了?」と題する記事で「日本車の販売台数が回復の兆しを見せている」と報じた。

記事によると、韓国では昨年7月、日本製品不買運動の影響で日本の自動車会社5社(トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、インフィニティ)の新車登録台数が前月に比べ32.2%減少した。輸入車市場シェアも6.4%に落ちていた。その後も販売量は減少し、さらに昨年9月に3桁のナンバープレートが新たに導入さたことも、「不買運動が本格的に始まった後に新車を購入した証拠」となるため日本車の販売にマイナスの影響を与えていたという。

販売の急落を受け、日本車各社は販売不振を挽回するべくさまざまなプロモーションを打ち出した。記事は「新車出庫の際に3桁ではなく2桁のナンバープレートを付けるなど、規則の抜け穴をかいくぐる方法を使うところも登場したが、販売過程で起こったことの責任を問うことは難しく、適当な処罰規定もない」としている。

そうしたことが物議を醸す中、先月の日本車の販売台数は「不買運動前の水準にまで回復した」という。韓国輸入車協会が発表した昨年12月の輸入乗用車登録資料によると、日本の自動車会社5社の販売台数は3670台だった。前年同月に比べて20%減少したものの、2357台だった昨年11月と比べると55.7%増加し、不買運動前の昨年6月の3946台と「ほぼ同じ水準」だったという。市場シェアも12.2%で、昨年11月の9.2%より増加したという。

これを受け、韓国のネット上では「この時期に日本車を買うなんてあり得ない」といった批判の声が上がっている。

一方で、韓国車に対するコメントも目立ち「現代・起亜自動車があまりにもひどいから日本車に行ったのだろう。サービスもそうだし、ちょっとは国民に良くしてよ」「国産車はバカ高いのに品質は中国以下だから」など厳しい意見が寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング