Record China

ヘッドライン:

カンフー卒業宣言のドニー・イェンが“満身創痍”を語る、12歳息子が後継者に?

配信日時:2019年12月16日(月) 21時20分
拡大
14日、香港で人気シリーズ最新作「葉問4:完結編」のチャリティー・プレミアに出席したアクションスターのドニー・イェンが、この一作でカンフーから手を引くことについて具体的に語った。
(1/2枚)

2019年12月14日、香港で人気シリーズ最新作「葉問4:完結編」のチャリティー・プレミアに出席したアクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が、この一作でカンフーから手を引くことについて具体的に語った。

その他の写真

2008年公開の「イップ・マン 序章」からスタートし、シリーズ4作目にして最後の作品となる「葉問4:完結編」が今月20日に封切られるのを前に、香港でチャリティー・プレミアを開催。主演のドニー・イェンが妻子を伴い、家族4人で参加した。

先日、この一作が最後のカンフー映画になることを明らかにしたドニー・イェンだが、理由の一つとして長年の俳優生活による体への負担の大きさを、メディアの前で語っている。外見上は分からなくても、体はあちこち傷ついて“満身創痍(そうい)”で加齢とともに影響が大きくなっているという。2014年の映画「モンキー・マジック 孫悟空誕生」の時と比べて、腰に抱えるダメージは10倍もの影響が出ており、痛みで立ち上がれない時もあるという。

なお、カンフー映画からは卒業しても、今後もアクション作品には出演し続けることを改めて語っている。

12歳になる息子のジェームスくん(甄済嘉)は、以前から各種の武術を学んでおり、特にテコンドーはすでに黒帯の腕前になっている。“ドニー2世”として近い将来、映画界で活躍する可能性を聞かれたドニー・イェンは、「まだ子供で、今は学業が優先なので」と前置きした上で、息子をアクション俳優にしたいとは思わないが、もし本人が希望した時は、「親としてもちろん支持したい」と語っている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

いよいよ完結のドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ、ブルース・リーと師弟で登場

香港のアクションスター、ドニー・イェンの代表作となった「イップ・マン(葉問)」シリーズから、最新作の「葉問4:完結編」が香港・中国・台湾で今年12月20日から公開されるが、タイトルの示すとおり2008年からスタートしたこのシリーズがフィナーレを迎える。

Record China
2019年10月14日 17時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング