南北の所得格差拡大=北朝鮮、国連制裁の影響で貿易急減―韓国メディア

Record China    2019年12月15日(日) 15時40分

拡大

13日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、「南北の所得格差が、最近1年間にさらに拡大したことが分かった」と報じた。資料写真。

2019年12月13日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、「南北の所得格差が、最近1年間にさらに拡大したことが分かった」と報じた。

記事によると、18年の韓国の1人当たり国民総所得(GNI)は3679万ウォン(約342万円)で、143万ウォンの北朝鮮の約26倍に達したことが韓国統計庁が13日発表した「北朝鮮の主要統計指標」で分かった。所得格差は16年が22倍、17年は23倍だった。

石炭や鉄鉱石などの輸出を制限した国連の対北朝鮮制裁の影響も明らかになっている。18年の北朝鮮の貿易総額は28億4300万ドル(約3108億2900万円)で、17年の55億5000万ドルから約半減して15年ぶりの低水準となり、韓国の約401分の1にとどまった。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携