Record China

ヘッドライン:

グリーン・デイも「旭日旗」を使用?韓国のファンが問題提起

配信日時:2019年12月16日(月) 14時50分
拡大
13日、韓国・ニューシスは、米国の音楽バンド「グリーン・デイ」がステージで旭日旗のような柄を使用したとして、韓国内で物議を醸していると伝えた。写真は旭日旗。

2019年12月13日、韓国・ニューシスは、米国の音楽バンド「グリーン・デイ」がステージで旭日旗のような柄を使用したとして、韓国内で物議を醸していると伝えた。

記事によると、グリーン・デイは米ロサンゼルスで現地時間12日に開かれた「The Game Awards 2019」でスペシャルライブを行った。このステージで使用された映像に「旭日旗のような柄の画面」が登場したという。このステージを見た韓国のネットユーザーらを中心に、「グリーン・デイが旭日柄を使用したのではないか」との疑問が提起されているという。

記事は、「赤い円を中心に白と赤のラインが放射状に広がる旭日柄がはっきり現れているのではないが、円を中心とする放射状の形であるため、疑問視されるのは無理のない状況だ」と説明している。グリーン・デイは過去にも旭日旗の肩章をつけたり、アルバムジャケットに旭日旗デザインを使用するなどしていることから、韓国のファンからは釈明を求める声が高まっているという。記事は「来年3月には来韓公演も控えているため、今後こうした声がさらに高まる見通し」だとしている。

海外のアーティストが旭日旗関連で物議を醸したのはこれが初めてではない。米バンド「メタリカ」も先ごろ、サーフブランド「Billabong LAB」とコラボしたグッズを公式SNSで紹介したが、「旭日旗のような柄の商品が複数ある」として韓国のネットユーザーが反発した。

韓国のネットユーザーからは「グリーン・デイ、がっかりだよ」「さようなら、グリーン・デイ」「旭日旗はハーケンクロイツと同じなのに!」「その場所にハーケンクロイツを出したら、どうなるか」「来年の来韓公演に影響があるだろうね」など、否定的なコメントが殺到している。

また、「欧米人は深く考えていないんだろう」「米国人だからよく分からずに使用したのだろうけど。ハーケンクロイツのことは毛嫌いするのにな」「ロックバンドはよく旭日旗を使ってるよね」「トム・ヨーク(英ミュージシャン)はギターに旭日旗を着けていたことがある。外国人の旭日旗に対する無知は、想像を超越している」などと嘆く声も多く見られた。

記事は、「音楽市場が大きくファンの多い日本に比較的好意的な海外アーティストは、旭日旗について無知や無関心なことが多く、問題意識そのものがない」と指摘している。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング