Record China

ヘッドライン:

中国で活動する韓国企業のCSRはずば抜けている―中国メディア

配信日時:2019年12月15日(日) 13時20分
拡大
中国北京市で12日、中国国内の韓国企業を対象とした「CSR(企業の社会的責任)模範企業表彰式」が開催された。

中国北京市で12日、中国国内の韓国企業を対象とした「CSR(企業の社会的責任)模範企業表彰式」が開催された。中国メディアの環球網が12日付で報じた。

この式典は韓国大使館が開催したもので、張夏成(チャン・ハソン)大使はあいさつの中で「韓国企業は中国政府の貧困対策に積極的に呼応し、中国社会に貢献している」などと指摘。さらに「韓国企業は今後も中国で社会貢献活動への参加を継続し、韓中関係の発展をさらに促す」と述べたという。

中国社会科学院が先月発表したCSRに関する報告書によると、外資企業トップ100の2019年の社会的責任発展指数ランキングで韓国企業4社が上位5位内にランクインしており、同院の鐘宏武(ジョン・ホンウー)教授はこの指数で主に評価される内容として「経営の透明性」と「社会的責任の管理システム」を挙げた。

鐘教授は「韓国企業は情報公開を重視している」と述べ、多くの企業が詳細な社会的責任リポートを有していることや、雇用、納税、環境保護などに関するデータを詳細に記録していることを指摘。「韓国企業が(CSRで)トップを走る主な原因はこれだ」との認識を示し、「その次に、韓国企業の社会的責任の管理システムは整っている。多くの韓国企業が専門のCSR部門を持ち、中国法人のCSR活動について統一的に計画を立てている」と説明したという。同教授はさらに「もう1つの重要な原因」として、韓国大使館による重視と積極的な後押しに言及したという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング