Record China

ヘッドライン:

韓国でまた「慰安婦像の撤去」求めるデモ、制止する市民と衝突も

配信日時:2019年12月12日(木) 18時20分
拡大
11日、韓国・ニュース1によると、ソウルの日本大使館前でデモ隊と市民が衝突した。写真はソウルの日本大使館前。

2019年12月11日、韓国・ニュース1によると、ソウルの日本大使館前で1417回目となる水曜集会(慰安婦問題解決を訴えるべく毎週水曜日に行われているデモ)が開かれた。しかし、すぐ横では「慰安婦像の撤去」を求める別の団体によるデモが行われ、これを制止しようとした一部市民と衝突する場面も見られたという。

記事によると、この日の水曜集会には約400人が参加し、「(元慰安婦の)おばあさんらの願いは心からの謝罪だけなのに、それをしない日本が理解できない」「多くの人が関心を持ち、おばあさんらの努力を無駄にしてはならない」などと訴えた。

またすぐ横では、「反日民族主義に反対する会」など4つの市民団体が「慰安婦像撤去」と「水曜集会の中止」を求めるデモを行った。デモには、韓国に続き日本でもベストセラーとなった「反日種族主義」の共同著者である落星台経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員らが参加した。李研究員らは先週も同じ場所でデモを行い、「慰安婦像は歴史を歪曲(わいきょく)し、日韓関係を悪化させる。公共の場に展示して大衆に情緒的共感を強要すべきでない」と主張していた。

これに対し、水曜集会を主催した「正義記憶連帯」のハン・ギョンヒ事務総長は「被害者らの傷にどんなに苦痛を与えるか分かっているのか。言葉にできないほど残念だ」と批判した。また、ある市民は李研究員に向かって「ここをどこだと思っているのか」「売国奴」などと叫んだ。警察が制止したため直接的な衝突はなかったが、別の市民が突然走り寄り李研究員が持っていたプラカードを蹴り飛ばしたり、互いに「歴史を学べ」と言い争ったりしたという。

このニュースを見た韓国のネットユーザーからは「日本政府からお金をもらったのだろうか?」「こんな韓国国民がいるなんて本当に恥ずかしい」「慰安婦被害者らをばかにする行為。許せない」「こういう人たちの国籍を剥奪し、国から追い出せる法律を作ってほしい」など李研究員らへの批判の声が続出している。

一方、少数ではあるが「慰安婦像の撤去に賛成だ。これ以上、慰安婦被害者を政治に利用しないでほしい」「被害国は他にもあるのに、過去を引きずっているのは韓国だけ。明るい未来のためにも慰安婦像は撤去するべきだ」と支持する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング