Record China

ヘッドライン:

ソウルの地下鉄駅に登場した「消える慰安婦像」ポスターが話題に

配信日時:2019年12月11日(水) 21時20分
拡大
11日、韓国・国民日報によると、元慰安婦を追悼する場「記憶の場」をPRするソウル市の立体ポスターが注目を集めている。

2019年12月11日、韓国・国民日報によると、元慰安婦を追悼する場所「記憶の場」をPRするソウル市の立体ポスターが注目を集めている。

記事によると、椅子に座った慰安婦像が描かれた同ポスターは明洞駅と忠武路駅から「記憶の場」がある南山公園に向かう道に貼られている。レンチキュラー方式のため、見る角度を変えると慰安婦像が消えて椅子だけが残り、「記憶しなければ真実は消えてしまう」との文字が浮かび上がってくるという。

「記憶の場」は、1910年に「韓国併合に関する条約」が締結された南山公園の統監官邸跡地に設立された。「“恥辱の空間”を、慰安婦問題を世界に知らせる“追悼と歴史の空間”にしよう」とのコンセプトで、ソウル市の主導のもと16年8月に完成した。「政府の支援は受けない」という元慰安婦の意向に沿い、1万9754人の募金でつくられたという。

ソウル市は「記憶の場」の認知度を高めて訪問客の途切れない“温かい空間”にするため、今後もVR技術などを活用したPRを計画しているという。

これに韓国のネットユーザーからは「シンプルだけどぐっとくるポスター」「素晴らしい。こういう努力が大切」などソウル市への称賛の声が上がっている。

また「日本の蛮行を絶対に忘れずにいよう」と呼び掛ける声や、「英語、中国語、日本語、スペイン語も一緒に載せてほしい」「慰安婦像のスマホケースを作るのもよさそう」「観光客が集まる場所でPRステッカーを配るのはどう?」などと提案する声も。

一方で「歴史を忘れた民族に未来はないが、過去を記憶するだけの民族にも未来はないよ」「被害だけでなく加害の歴史も積極的に記憶するべきだ」などと指摘する声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング