Record China

ヘッドライン:

今後は韓国で簡単に運転免許が取得できなくなる―中国メディア

配信日時:2019年12月11日(水) 10時20分
拡大
10日、中国紙・環球時報は、「中国人が韓国で自動車の運転免許を取得するという『近道』は今後、ふさがれることになる」と報じた。写真は韓国の自動車教習所。

2019年12月10日、中国紙・環球時報は、「中国人が韓国で自動車の運転免許を取得するという『近道』は今後、ふさがれることになる」と報じた。

記事はまず、「短時間、低コスト、簡単に合格できる試験。これが、韓国で自動車の運転免許を取得することに対する中国人の一般的なイメージだ。そのため、ここ数年、韓国を訪れて運転免許試験を受ける中国人は数万人にも上っている。旅行会社の中には、短期間での免許取得をうたった観光商品を販売するところまである」と伝えた。

その上で、韓国・聯合ニュースの8日付報道を引用。韓国では今後、90日以上国内に滞在するために法的に「外国人登録」を行った外国人だけが運転免許の発給を受けられるようになると報じた。

聯合ニュースによると、今年1~11月に韓国で運転免許を取得した短期滞在(90日以内)の外国人は5997人で、うち90.2%(5389名)が中国人だった。中国で運転免許を取るためには、63時間の教育を受けなければならないが、韓国では13時間と短いこと、試験不合格後に再試験を受けるには、中国では10日間待たなければならないが、韓国では3日待てばよいこと、中国国内で筆記試験に合格すれば、海外で取得した運転免許を中国の免許に書き換えることが可能であることなどが背景にあるという。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<独占>日本で運転できないはずの中国人観光客がレンタカー、その驚くべき“手法”が明らかに

日本で自動車を運転することが法律上認められていないはずの中国人観光客が、驚くべき方法でレンタカーを利用していたことがレコードチャイナの取材で分かった。写真は中国人がネットで購入したフィリピンの国際運転免許証。

Record China
2017年4月4日 11時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング