Record China

ヘッドライン:

先に次世代有機ELを発表した日本、韓国業界の反応は?

配信日時:2019年12月24日(火) 6時50分
拡大
20日、韓国・マネートゥデイは「日本が韓国より先に次世代有機EL素子を電撃発表し、韓国のディスプレイ業界が商用化の可能性に神経をとがらせている」と報じた。写真はLGのテレビ。

2019年12月20日、韓国・マネートゥデイは「日本が韓国より先に次世代有機EL素子を電撃発表し、韓国のディスプレイ業界が商用化の可能性に神経をとがらせている」と報じた。

出光興産と東レは先月末に熱活性化遅延蛍光(TADF)を利用した次世代有機ELの試作品を披露した。両社は2017年9月に有機EL材料の技術提携に合意した後、2年で次世代有機EL素子を開発した。業界では「これまで弱点とされてきた発光効率と寿命を世界最高レベルに引き上げた」との評価が出ている。両社は「2022年の製品化」という具体的な目標も掲げている。

記事によると、韓国でもサムスンディスプレイとLGディスプレイがTADF技術の研究・開発に取り組んでいるが、まだ試作品の公開や製品化計画の発表は行われていない。業界関係者は「技術的な難度がかなり高い」とした上で、日本企業の発表について「今回の発表だけではTADF技術の成功の有無を正確に把握し難く、状況を見守る必要がある」と述べているという。

これを受け、韓国のネット上では「日本のことは信じられない」「研究・開発したからって何?新製品を出して大量生産したわけでもない」「問題は次世代ディスプレイが有機ELじゃないってこと」などと指摘する声が目立つ。

一方で、「うかうかしていると日本に追い抜かれてしまう」「日韓の技術の差が広がっているという話。業界は緊張感を持つべきだ」との声も見られた。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング