Record China

ヘッドライン:

エルサルバドル大統領、中国高速鉄道で時速350キロを体験「F1ドライバーがアクセル全開しても300キロ」=中国ネット「ぜひお求めください」

配信日時:2019年12月9日(月) 10時50分
拡大
中米エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は5日、訪問先の中国で、同行している家族らと中国の高速鉄道を初体験した。写真は上海で取材に応じるブケレ大統領。

中米エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は5日、訪問先の中国で、同行している家族らと中国の高速鉄道を初体験した。

中国国営新華社通信が8日付で伝えたところによると、ブケレ大統領は5日午後、高速鉄道「復興号」に乗り北京から上海に到着した。

中国高速鉄道の感想について、1980年代生まれの若い大統領は「最速で時速350キロに達した。想像もつかない速さだ」とした上で、自動車レースのフォーミュラワン(F1)と比較し、「F1ドライバーはアクセルを全開にしてようやく時速300キロに達する。しかもその速度に達するには何度もタイヤ交換が必要で、レース中は常に緊張状態が続く。一方、復興号の運転手は他の乗務員と連絡を取ることができ、駅に停車した際には飲み物を口にすることもできる」などと語ったという。

このニュースについて、中国のネットユーザーからは、「高速鉄道は中国の誇り」「国家を代表する『名刺』となった中国高速鉄道にいいね!を贈ろう」「中国の高速鉄道は、かつて世界の進歩をけん引した英国の蒸気機関車の現代版だ」「わが国は時速600キロメートル級の高速リニアモーターカーの研究において画期的な進展を実現している」「ブケレ大統領の例えはとても生き生きとしているね」「この機会にぜひお求めください」などの声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング