Record China

ヘッドライン:

東京五輪開催を予言した!?30年前の名作「AKIRA」に「神作」「神予言」の賛辞殺到―中国版ツイッター

配信日時:2013年9月9日(月) 13時40分
拡大
9日、世界的に有名な日本のマンガ作品「AKIRA」が、「2020年の東京五輪開催を予言していた」として話題になっている。写真は中国版ツイッターに拡散している画像。
(1/2枚)

2013年9月9日、世界的に有名な日本のマンガ作品「AKIRA」が、「2020年の東京五輪開催を予言していた」として話題になっている。「AKIRA」は、マンガ家で映画監督の大友克洋氏がおよそ30年前、1982〜90年の期間に連載したSF大作。2019年の東京を舞台としており、作中には「来年のオリンピックのときにゃ公園になってるそうだ…」というセリフや、「東京オリンピック会場建設地」の看板が登場しており、「予言的中」としてインターネットを中心に話題になっている。

その他の写真

1988年に長編アニメとして劇場公開された「AKIRA」はまさに、ジャパニメーション(日本製アニメ)の先駆けと言える作品。海外にも広く紹介され、現在に至るまで高い評価を得ている。無論、中国語圏でも「阿基拉」として知られている。そのため、今回のニュースもアニメファンを中心に話題となっており、“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトには「神予言!」「神作品だ!」「神作品は神作品、大友は神」「AKIRA最高!(原文ママ)」「アニメ界の預言者、大友克洋!」などの賛辞が殺到している。他にも、以下のような意見が見られた。

「マンガ家って往々にして先見の明があるよね」

「あまりの偶然はもはや偶然とは呼ばない、それは必然だ」

「新華社(中国の国営媒体)はこんな記事を出すべきではないか?→日本の著名マンガ家、2020年の五輪開催前に東京は滅びると予言」

「ねえ誰か、『AKIRA』の中国語版を全編、デジタルデータにして提供してくれないかな?」(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

日本なら大丈夫!?東京の五輪招致成功は「リオデジャネイロ五輪の準備遅滞のおかげ」―中国メディア

8日、捜狐は記事「東京の五輪招致成功はリオデジャネイロのおかげ?トルコのプランは野心的すぎた」を掲載した。準備の遅れが懸念される2016年リオ五輪。そのため安全な選択肢である東京に票が流れたという。資料写真。

Record China
2013年9月9日 12時30分
続きを読む

五輪報道を国営通信社がフライング!しかも開催地を間違えて赤っ恥の大誤報―中国メディア

8日、国際オリンピック委員会は7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年東京五輪の開催を決定した。ところが発表に先立つ1時間前、中国の国営通信社新華社は「開催地はイスタンブールに決定」と誤速報してしまい、大失態を演じた。

Record China
2013年9月8日 14時32分
続きを読む

ランキング